私、神楽坂つむりは自転車に出会い、この世界から抜け出せずにいた・・・!旅のこと、写真のこと、山のこと等を綴り連ねます。

【バイクパッキング】グラベルキャンプツーリングの装備紹介 【GT GRADE】

2019年11月17日
自転車旅のあれこれ 0
秋が深まってきた11月中旬。
グラベルキャンプツーリングに行ってきました。

と言う訳で、久しぶりの装備紹介です。
gravel_gt_grade-2.jpg
ちょっと装備も新しくなったので!つむり的最新スタイルという事です。

問い合わせをいただく機会も多く・・・最近のスタイルです。昔とは少し違うかな・・・。

毎回変わるスタイル

gravel_gt_grade-7.jpg
自転車旅のスタイルは毎回変わります。基本は一緒だけれど、時と場合によって変えるというのが正解かなと思います。そもそもバイクパッキングは他でも書きましたが「荷物ありき」だと考えています。つまり先にバイクパッキング用のバッグやキャリアがあるのではなく、何を持って行くかをまずは考えて突き詰めて、最後にそれを運ぶための装備を構築するというものです。これが逆だと装備がチグハグになってしまって・・・ぱっと見はスタイルがあるように見えて中身がついてこない、なんて事態になりかねません。


必要なギアは何か?

gravel_gt_grade-15.jpg
なのでまずは「何が必要か」が重要。
これを考えるのが、とても重要。シミュレーションです。その際に役立つのが過去の経験であって、つまりまずは実践してみないと次の装備も分からないと言うのが私がたどり着いた結論の一つです。じゃあ初めはどうしたら良いのかと言うと、まずは基本的な最低限の装備からスタートするのがおすすめです。いきなり高価なギアやバッグ類を一通り揃える必要はありません。見栄えを無視すれば、最近では数千円でテントやシュラフ、バッグも手に入ってしまいます。概算ですが3万円以下で一通り揃えられると思います。揃えたらとりあえず近場の河原やキャンプ場でも良いので一泊でもしてみると、何が必要で何が無駄かが見えてくると思います。


運ぶのは衣食住

gravel_gt_grade-13.jpg
キャンプツーリングは何と言っても「衣食住」をすべて運ぶアクティビティなので、100人いれば100通りのスタイルがあると思っています。なので、基本装備から先はもう無数に枝分かれします。自炊一つとってもそれは然りで、インスタントで済ます人もいれば凝った料理をする人もいます。それだけで自炊道具のウエイトは変わってきますし、収納方法も変わってくるので、全体のバイクパッキングシステムも変わってきます。いきなり「これが正解」なんて言えない理由がこの辺りにあるのです。まずは一泊でも良いので実践してみてギアを見極めながら揃えて行く。その上でいかにスマートにパッキングするか、格好良くパッキングするかに、醍醐味が詰まっていると思います。


装備一覧


季節は秋。場所は近江国。条件が決まらなければ装備も決まらない!と言う事で前提は大切。

・11月中旬
・想定 最高気温15度 最低気温0度 
・野営地は山の中
・水無し
・電気無し
・輪行移動あり
・グラベルで山越え
・標高は600m弱
・野営地は300m前後予定

実際の装備を並べてみました。
gravel_gt_grade2-1.jpg
こうして見ると結構大げさな感じがします。これが夏場だったり、自炊をサボるならば、半分以下にまで抑えられると思いますが、今回は割とちゃんとしようと思ったからと言うのも大きいです。ウルトラライトスタイルで行くなら半分以下でしょうか・・・・。

実際に文字を入れてみました。なんだかそれっぽくなってきます。
gravel_gt_grade-1.jpg
焚き火台や3つあるランタンなど、明らかに最軽量スタイルではない感じですが、この日の夜はこれらのおかげで楽しむ事ができたので「ヨシ!」です。

シュラフは真冬用のNANGA 600を持って行ったのでめちゃくちゃ嵩張りました。これが夏場だったら250だったら容量も三分の一くらいだったのでもっとシステムを簡素化できたのですが、寒さに震えるキャンプだけは2度としたくないと冬の青森で実感したので、こればかりは仕方ありません。マット、テント、ランタンあたりも過去記事にまとめていますので探してみてください。(サイト上部のサーチ機能で調べる事ができます。)



バイクパッキング

実際に荷物を積み込んでみました!
gravel_gt_grade-4.jpg
荷物バラバラな状態この状態まで持って行くのにおおよそ5分程度かかりました。

ちなみにベースはGT GRADE CARBON。グラベルロードが流行しだす前に買ってしまったので若干規格が古いですが、それでも乗り心地の良さ、所有欲からしてなかなか手放せません。良い買い物をした!

サドルバッグやフレームバッグは定番ですが、フロントフォーク横のバッグはいわゆるドライバッグを応用しています。やはりこのスタイルが一番安定感があり積載能力の向上にも寄与すると感じています。この辺りのギアについては過去にまとめていますので宜しければご覧下さい。



さて、実際にこちらも文字を入れてみました。
gravel_gt_grade-4 23
今思うとドライバッグ一つ分は省略できたかもしれません。実際に撤収する際にはパッキングの段取りが上手くなったおかげか随分とコンパクトにできた結果、ドライバッグ丸々1つ分のスペースが空きました。不思議なものですが、行きより帰りの方がパッキングがスマートになっていることも珍しくありません。これはつまり回数を重ねれば重ねるほど練度が上がることを意味しています。

ランタンも3つ必要かというと正直なところなくてもいいですが、今回はグループキャンプだったので持参しました。他の人が持ってこないとの想定。

過程をまとめるとこんな感じ。

シミュレーションする(時間、場所、季節など)
持って行くギアを決める
収納するバッグを決める
パッキング方法を考える
パッキングをする

gravel_gt_grade-2.jpggravel_gt_grade-3.jpggravel_gt_grade-8.jpg
こんな感じです。



gravel_gt_grade-5.jpg
ちなみにドライバッグはこんな感じに拡張します。流石にこのサイズでパッキングはしませんが、いざという時に拡張できるシステムは応用が効くので便利です。この時は思ったよりも買い込みすぎたので放り込んでぎちぎちに締め上げて納めました。最後は力です。


gravel_gt_grade-12.jpg
タープを張るかどうかはその場で決めます。私が使っているzerogramのウルトラライトタープは収納時のサイズが350ml缶ほどのサイズなので、毎回必ず持って行くようにしています。今回も雨が降る事が予想されたのであらかじめタープを張っておきましたが、案の定降り出したので助かりました。夜露防止にも有効ですし、タープを張っている絵が好きなので、やっぱり好きです。

gravel_gt_grade-9.jpg



最後にメシテロ写真を載せておきましょう。
gravel_gt_grade-10.jpggravel_gt_grade-11.jpg
キャンプ肉はいいぞ!!

終わり。


↓紹介したギア一覧!
             
関連記事
神楽坂つむり
Author: 神楽坂つむり






Comment(0)

There are no comments yet.
未分類 (11)
雑談 (0)
自転車 (53)
日記 (8)
写真 (49)
2010年7月 夏ツーリング (0)
2010年7月 夏ツーリング 実走録 (0)
2011年2月 瀬戸内海一周 (6)
2011年2月 九州旅 (6)
伊勢旅(随時追加) (13)
ORiBIKE (10)
ライト (0)
F1 (5)
2011年7月 大阪~山口 キャノンボール (4)
2011年9月 山陰ツーリング (3)
自転車パーツ、小物 (102)
2011年10月 大阪~九州 キャノンボール (2)
2011年12月 鹿児島ツーリング (3)
オフ会 (22)
自転車のある風景 (1)
2012年3月 和歌山ツーリング (1)
2012年4月 白川郷ツーリング (3)
2012年7月 鳥取ツーリング (1)
2012年10月 四国ツーリング (3)
2013年1月 伊勢志摩ツーリング (1)
1dayライド (21)
2013年5月 金沢旅 (2)
2013年8月 中部ツーリング (5)
2013年10月 関東遠征 (1)
2013年11月 青森ツーリング (4)
2013年1月 鹿児島〜大阪1,000kmキャノンボール (4)
2013年12月 広島~大阪festive500 (1)
登山 (25)
いなり、こんこん、恋いろは (0)
いなり、こんこん、恋いろは。 (2)
2014年3月中国地方ツーリング (4)
2014年5月長野群馬ツーリング (0)
2014年5月信州ツーリング (3)
自転車旅のあれこれ (27)
2014年8月 江ノ島〜富士ツーリング (3)
2014年9月大阪〜倉吉ツーリング (1)
ふぉたろぐ! (4)
カメラ機材 (12)
動画 (0)
2014年12月 鹿児島ツーリング (5)
2010年夏 北海道旅 (16)
2015年4月 香川うどん旅 (0)
香川うどん旅 (5)
2015年5月 大阪〜白川郷400km旅 (3)
TADAフレーム (13)
2015年7月 乗鞍ヒルクライム (0)
2015年7月 乗鞍ツーリング (2)
2015年7月 能登半島ツーリング (2)
MTB (2)
2016年2月 欧州旅 (11)
2016年3月 伊豆半島ツーリング (3)
2016年5月 大阪〜新潟キャノンボール (3)
2016年5月 信州山岳ツーリング (3)
2016年6月隠岐島キャンプツーリング (4)
2015年5月 大阪〜白川郷400km旅 (0)
2016年7月 大阪〜白川郷450km旅 (3)
グラベルライド (5)
2016年9月 乗鞍紅葉ライド (1)
2016年11月 徳島林道ツーリング (4)
2017年ホノルルツーリング (0)
2017年1月 ホノルルツーリング (3)
2017年2月 西九州ツーリング (3)
2017年3月 大阪〜静岡さわやかライド (1)
2017年4月 瀬戸内海ツーリング (2)
2017年8月 北海道そらちグルメフォンド (6)
2017年5月 四国カルストツーリング (2)
2017年6月 男木島旅 (1)
2017年6月 夏至ロングライド (1)
BikeupRiver (1)
2017年7月 大阪〜白川郷ライド (2)
2017年8月 瀬戸内牛窓ライド (2)
2017年9月 日間賀島旅 (2)
2017年9月 滋賀県湖西グラベルライド (2)
2017年11月 剣山スーパー林道 (3)
2017年12月下関〜大阪キャノンボール (2)
2017年12月 雪マキノツーリング (1)
2018年1月 広島呉〜江田島旅 (2)
グルメネタ (3)
2018年3月 周防大島旅 (2)
2018年3月 山口ツーリング (3)
2018年8月 北海道そらちグルメフォンド (6)
2018年4月 竹原たまゆら旅 (1)
2018年6月 うさぎ島 (1)
2018年7月 天草島原ツーリング (2)
2018年 7月シマノバイカーズフェスティバル (3)
2018年8月 房総半島ツーリング (4)
2018年10月 伊豆半島ライド (2)
2018年12月 Raphaプレステージ (2)
2019年1月 ゾンビランドサガ巡り (3)
2019年1月 似島ライド (1)
2019年2月 志賀島ライド (1)
2019年2月 関東遠征旅 (3)
2019年4月 RIDEAIDinASO (6)
2019年3月 フランシュシュライブ (1)
2019年3月瀬戸内海ライドオフ (3)
2019年4月 国東半島ツーリング (4)
ブロンプトン (1)
2019年5月 津和野旅 (2)
2019年6月 ファンライド鏡野 (2)
2019年7月 周防大島旅 (2)
2019年9月 ホノルルセンチュリーライド (1)
2019年6月 オホーツク遠征 (1)
2019年 8月瀬戸内海ライド (2)
2019年8月 北海道そらちグルメフォンド (3)
2019年9月 RIDE&CAMPin鹿児島 (3)
2019年7月 シマノバイカーズフェスティバル (1)
2019年11月 熱海「きにして」聖地巡礼 (2)
響け!ユーフォニアム (3)
2019年11月 和歌山ツーリング (1)
2019年12月 九州HeavenRide (0)