fc2ブログ

【ジャンボフェリーで】ちょっと自転車で香川うどん巡りして来た【弾丸日帰り旅】

ちょっと本場のうどんが食べたくなったから行ってきた

思い立った夜の内に出発して神戸三宮のフェリー乗り場へ。
香川県高松市へのアクセスは色々あるけれど自転車ならこれが一番手っ取り早いと思う

出港時刻は深夜1:00AM。
仕事終わりでも間に合うね!嬉しいね!

寒さに震えながらフェリー乗り場に到着
IMG_3485.jpg

乗船手続きを済ませる
神戸~高松間を結ぶ“ジャンボフェリー”
今まで何度かお世話になっている。
航路と手軽さから気に入っているのに加え、なんといってもその良心的な金額設定には頭が上がらない。

基本料金が安い上に各種割引が豊富だからもうね、使わない手は無い。

ちなみに今回は大人+自転車で3,980円。往復で(!!)

往復割引が適用されてのこの料金
 安 す ぎ る
ちなみに往路と復路は違う日付でもいいので、ぐるっと四国まわる人にもオススメかもIMG_3492.jpg

IMG_3499.jpg
フェリーキマシタワー

寒い寒いはやく乗せてくれと願うものの積荷の降ろし作業が押してる模様。
トラックが何度も往復している様子が見える。
二輪車用の乗船場には私以外にも3人の自転車乗りがいた。
特になんてことない世間話に華を咲かせる。こういう一期一会いいね、すきだよ!
IMG_3502.jpg

そして乗船、さっさと自転車を停めて足早に客室へ向かうことにした。
翌日のうどん巡りに備えて眠っておかなければ・・・
と言いつつ、つい船内巡りをしてしまうのはもはや逃れることの出来ないイベント。
フェリーってわくわくするよね

IMG_3504.jpg
無駄に綺麗だぜ・・・
IMG_3506.jpg
散策も程ほどに就寝。エンジンの音が心地良い・・・zzz

目覚めると時刻は5:00AM
高松港に着いたようだ。
一度でもジャンボフェリーに乗ったことのある人なら分かるだろう、“あの”テーマソングが流れだす。
もはや洗脳である。
私は歌詞を全部覚えてしまった。
気になる人は乗ってみるも良し、YouTubeで検索するも良し(驚くことにアップロードされている)

IMG_3508.jpg
高松市内、未だ誰そ彼時だ
でもそんなの関係ないらしい、うどん屋の朝は早い
早いところでは5時から開店しているのが香川クオリティ!
まだ車も走っていない道路を地図で調べながら進んでいく
事前に調べていた場所に着いてみると・・・

IMG_3513.jpg
“さか枝”
なんでもうお客さんこんなにいるのwww
こうして写真を撮っている間にも続々とお客さんがお店に吸い込まれていく
真っ暗な道から現れ、お店に吸い込まれていく。
うーん、すごいな香川。さすがうどん県。

私も腹ペコだったから、早速入店。
勿論セルフサービス、前の人に習ってトッピングして天麩羅もつけちゃう
IMG_3510.jpg
うまー!うまー!
この一杯の為にきたのだよ私は!
さすがのコシと喉越し。ちゅるちゅるんと口に入ってくる。
タコの天麩羅も絶品、しっかりタコの味がするし、衣があっさりうどんと良く合う。
ぺろりと平らげお店を出る。

次の店に向かって走る

少し空が明るくなってきた、朝だ
こうして知らない土地で朝を迎えるのが自転車旅の楽しみだったりする
なんともいえない非日常感、昨日までの日常とのギャップにちょっと優越感
さっきまで私しかいなかった道路に車が走り出す。人々が歩いている
みんな仕事に行くのだろうか、これから帰るような人もいる
あれこれ想像するのが何だか楽しい
私の街にも朝が
遠く離れたこの地でも朝が
街が少しずつ目覚めていく様を横目に自転車で走る

途中に造船所があった。何もかもが大きいせいで距離感が狂う。
IMG_3514.jpg

IMG_3516.jpg

IMG_3520.jpg

そして二軒目到着!
IMG_3523.jpg
ご丁寧にお店の前に看板が。

シンプルにかけを注文。
あたたかいのが欲しかったから自分で湯通ししてみる。
ラーメン屋の主人みたいに思い切って湯きり湯きり!
そしてトッピング。
一連の流れがもはや儀式のようなものに思えてくる
ねぎ、大根おろし、天かす、レモンを添えて・・・
IMG_3526.jpg
イタダキマスワー!
うまうま、温かいのも嬉しいでござる。
やっぱり店によって全然違うのなー
これだからうどん屋めぐりは楽しい。

店を出た後はちょっと胃を空ける為に高松散策。
ちょうど出勤時刻だろうか、スーツ姿のサラリーマンが足早に駅に吸い込まれていく

ちょっと川辺の公園があったので休憩。
あ、愛車紹介

IMG_3529_20120224192534.jpg
BH PINO

実は今回のうどん巡りが処女走行だったりする。
先日組みあがったばかりの可愛いやつ。
ポジション調整しながらのうどん巡りでございます。

次のお店が実は本命、10:00オープンを狙って移動開始。
なんでも1日10食~限定のメニューがあるらしい。
地図で見る限りちょっと分かりにくい場所にありそうだった。
まぁiPhoneさんがある限り、問題ない。
昔の人は地図とコンパスを両手に旅をしていたと思うと便利になったものだ。
今ならグーグルマップ開いて“うどん”と入力するだけで何十店ものお店が表示されるのだから。

IMG_3540.jpg
どうみても住宅街です。
でもそんな一角に・・・
IMG_3542.jpg
あった。うどんの田。
ちょうど開店したところらしい。いいタイミングだ!
早速お店に飛び込んで注文する。

IMG_3544.jpg
アットホームないい雰囲気
5分ほど待っていると呼ばれてお盆を片手に取りに行く

IMG_3546.jpg
角煮うどん!
これが食べたくて来たのだよ私は!
さっそく角煮を頬張る。おう、角煮らしい角煮だ。期待した通りの角煮っぷりに感動した
そして出汁、これがやたらと美味しい。
昆布だしだろうか、これだけでお金取れるレベルじゃないか・・・
冷えた身体には最高だった。麺ももちろんちゅるちゅる美味しい。

IMG_3547.jpg
地元のお客さんも続々と。

ここらでだいぶお腹が一杯になってきた。
割と満足、でも帰りのフェリーは15:00、まだ4時間もある・・・

ってことで屋島に向かうことに。

屋島は高松市から東に6kmほどのところにある半島である。
島ではない。
かつては島だったらしいけれど。
半島の中心にはどーんとおっきな山があってそれを囲うように道路が走っている。
陸に近い側には住宅街があるけれど、海側の道路は本当に道路だけで、走るにはもってこい。
くるっと周っても10kmにも満たない短いコースだけれど適度なアップダウンがある。食後の運動にいい感じ。

IMG_3550.jpg
右手に見えるのがその一部。こうしてみると中々迫力ある。
IMG_3552.jpg
瀬戸内海を眺めながらヒルクライム。
うーん、PINO中々面白い!
聞いてた通りクロモリらしい粘りッ気のあるフィーリングがある
ずっとフルカーボンロードに乗っていたのだけれどそれと比べるとワンテンポ遅れて進む
ベンドしたステーの影響なのか素材の影響なのかわからないけれど、バイーンって感じ
バイーンって分かりにくいかもしれないけど、でも確かにそんな風に感じる
特にダンシングのフィーリングが面白い!
これからのロングライドが楽しみだ。

IMG_3559.jpg

道路脇から森の奥へと続く小さな小道を発見、海に向かって伸びている
これは・・・行くしか無いだろう・・・・

IMG_3566.jpg
森林浴気持ち良い
ベタだけれど森の中で深呼吸すると本当に気持ちが良いのだ
和歌山の山奥のじっちゃんの家を思い出す。
しばらくいくと予想通り
IMG_3568.jpg

IMG_3575.jpg
海ー!海ー!瀬戸の海ー!
森の小道を抜けて、ということで自然の音しかしない。
風の音、草木がこすれ合う音、波の音しか聞こえない
地べたに座ってそのまましばらくぼーっと。。

IMG_3589.jpg

お腹も空いてきたってことでいったん戻って再びうどん屋巡り。
この後は結局2軒ほどまわって、もう満足!ってところで時刻は14時過ぎ。
フェリー乗り場に向かって帰り支度をすることに。
屋島の前を通過、こうしてみると面白い形してるなー
IMG_3607_20120224231858.jpg

往復切符を買っていたから乗船手続きは無し、待合室で本を読みながら時間を潰す
乗船10分前のアナウンスを待って乗船開始
IMG_3621.jpg

IMG_3626.jpg

IMG_3629.jpg
毎度自転車ってば扱いが・・・w

帰りのフェリーは爆睡だった
途中目が覚めた時、窓の外に目をやるとちょうど夕焼けが。
初めてこのジャンボフェリーに乗った時を思い出した。

ツーリングバイクでの3泊4日旅。
思えばあれが初めての本格的な自転車旅だった。
瀬戸内海をぐるっと一周するもので、岡山、広島、しまなみ海道とまわって四国に上陸し、高松まで走ってフェリーで帰るというもの。
けれどしまなみ海道を走っている時にシフターが壊れてしまい、後ろの変速がまったく出来ない状況になった。
あれですっかり落ち込んでしまった私は、しまなみ海道を渡りきるや否や電車で高松まで輪行し、うどんも食べずにフェリーで帰った。
四国に何しにいったんだ、と。
その時に船の上から見た夕焼けは、もう、覚えていない

神戸港から自宅まではまったり帰宅。
たった1日だったけれど、密度の濃い1日。
たまにはこういう強行軍もいいかしら

IMG_3630.jpg


   
関連記事
ジャンボフェリー
2012/02/25 (Sat) 00:02

こんにちは。ジャンボフェリーです。

いつもご乗船いただき、本当にありがとうございます。

お客様からの暖かいお声を頂戴できて、とても嬉しいです。(^o^)/

旅のお写真、素敵な構図と色ですね。

今年は、瀬戸内海のいろいろな航路で使える「せとうちサイクルーズパス」も発売されます。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201201060176.html

つむり様のサイクリング旅が、ますます楽しいものとなりますよう、心より祈念いたしております。

ありがとうございました。

  • コメントの編集
  • To神楽坂つむりさん
  • コメント
  • コメントの投稿
つむり
2012/02/27 (Mon) 22:14

Re: タイトルなし

> こんにちは。ジャンボフェリーです。
>
> いつもご乗船いただき、本当にありがとうございます。

こちらこそいつも乗せていただきありがとうございます。

>
> お客様からの暖かいお声を頂戴できて、とても嬉しいです。(^o^)/
>
> 旅のお写真、素敵な構図と色ですね。
>
> 今年は、瀬戸内海のいろいろな航路で使える「せとうちサイクルーズパス」も発売されます。
> http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201201060176.html

素晴らしい・・・瀬戸内海は自転車でまわるのにもってこいだと思ってます。
それにフェリーが加わるとなれば旅の可能性がぐっと広まることでしょう・・・!

>
> つむり様のサイクリング旅が、ますます楽しいものとなりますよう、心より祈念いたしております。
>
> ありがとうございました。

ふぇええ

  • To神楽坂つむりさん
  • コメント
  • コメントの投稿
ぐんじ
2013/02/07 (Thu) 12:30

こんにちは。ジャンボフェリーのお写真きれいです!!
なんだかファンになってしまいました!
ちなみにこのときのカメラは一眼レフでしょうか?非常に素敵な構図と色で雰囲気がいいです。教えてください。

  • To神楽坂つむりさん
  • コメント
  • コメントの投稿
神楽坂つむり
2013/02/08 (Fri) 22:22

>ぐんじさん

> こんにちは。ジャンボフェリーのお写真きれいです!!
> なんだかファンになってしまいました!
> ちなみにこのときのカメラは一眼レフでしょうか?非常に素敵な構図と色で雰囲気がいいです。教えてください
ありがとうございます。
この時ははい、デジタル一眼レフをもっていきました。
EOS 60Dに標準レンズです。
ふだんはコンデジですが。
やっぱり構図と色に拘るなら、一眼レフ、最強です。

  • To神楽坂つむりさん
  • コメント
  • コメントの投稿
ぐんじ
2013/02/09 (Sat) 10:34

ありがとうございます。きれいな写真だったのでつい気になってしまいました。一眼レフを操るのは難しそうですね。自分も欲しくなりました!!また、じっくりとサイト覗かせてもらいます。

  • To神楽坂つむりさん
  • コメント
  • コメントの投稿

バイクパッキング関連はこちら

FC2カウンター

Recent

【タイヤ】パナレーサー グラベルキング X1 40Cに履き直して京都サイクリング【CANYON Grail】
2024/04/17
【北海道】『そらちグルメフォンド2024』9月1日(日)開催決定!
2024/04/11
【レンズ】Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが神レンズだった話【Model A071 超便利ズームインプレ】
2024/04/02
【カメラ】Sony α7CⅡを購入した話 〜CANON EOS 6D mark2ユーザーが本機を選んだ理由〜インプレ
2024/03/29
【グラベルバイク】Canyon GRAIL CF SLX を乗り回してみた感想インプレ【キャニオン新型グレイル】
2024/03/27
【タイヤ】グラベルキング X1 45Cお試し京都ライド〜インプレ〜【空気圧とか】
2024/03/16
~北宇治高校吹奏楽部 第7回定期演奏会〜に行ってきた【響け!ユーフォニアム】レポート
2024/03/08
【福井県】芦原温泉で出会った謎の看板「隔月通行止め」が気になった話【ちはやふる聖地巡礼のはずが】
2024/03/01
【ホイール】POLYMERホイール試乗会にお邪魔してきた話【fromデンマーク】インプレ
2024/02/11
【アメリカ】アンバウンドグラベル2024への道-UNBOUND GRAVEL2024-
2024/01/28
【北海道】札幌発定山渓行きグルメ時々豪雨にモアイ【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2024/01/26
【大阪府〜兵庫県】ぽたんぷ3に参加してきた話【CADENCE&LAVAGGIO】
2024/01/17
【ペダル】三ヶ島ALLWAYSがまさにオールウェイズ=多用途に使えた話
2023/12/25
【広島県】広島駅から竹原まで江田島経由でサイクリング【竹原憧憬の路】
2023/12/19
【高知県】ローカルな栄養素たっぷり すくもグラベルまんぷくライドに参加してきた話【宿毛】
2023/12/15
【アウトドア】バイクパッキングの基本装備を振り返ってみる【キャンプ】
2023/11/25
【キャニオンファミリーグラベルミーティング】in大阪に参加してきた話 canyon新型grail【撮る練習】
2023/11/24
【瀬戸内海、玄界灘、豊後水道etc】自転車で行く島旅のススメ 〜島旅の魅力と旅のコツ〜
2023/11/23
【北海道】〜実走編〜NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/11/21
【北海道】ヴェルサイユファームリゾート〜桜舞馬公園〜自転車どこぉ!?【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/11/03
【高知県】宿毛を目指すはずが四国最南端 足摺岬へ【中村駅〜足摺岬〜宿毛】
2023/10/29
【高知県】宿毛を目指して高知の海を満喫旅【高知市内〜須崎駅】
2023/10/26
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023 前日ライドや会場の様子
2023/10/19
【オールグラベル】Canyon 新型Grail(グレイル)を乗り回してみた感想【第2世代】
2023/10/15
【北海道】大自然の中を馬で駆け巡る一日【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/10/15
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/09/30
【そらちグルメフォンド2022】馬を求めて旅は続く東へ日高へ【厚真〜日高】
2023/09/24
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【後編】
2023/09/20
【高知県】10/14(土)すくもグラベルまんぷくライド2023にゲストライダーとして参加することになった話
2023/09/08
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【前編】
2023/09/07
【サドル】セラサンマルコが誇るベストセラー「アスピデ」を使ってみての感想
2023/08/25
【自転車旅】現時点でのバイクパッキングについて総括してみる【旅の道具は何が最適か】
2023/07/01
【石川県 自転車旅】能登半島の魅力について改めて深掘りしてみた【ロードバイクで羽咋、輪島、七尾へ】
2023/06/28
【そらちグルメフォンド2022】3年ぶりの晴天そらち!写真で振り返る本番日の様子
2023/06/07
【香川県】ちょっと自転車で小豆島を日帰りサイクリングしてきた話【ジャンボフェリー】
2023/06/04
【神戸港】ジャンボフェリーの新造船「あおい」に乗船してきた話【瀬戸内海の玄関口】
2023/05/12
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【霧島温泉郷〜安楽温泉〜鹿児島空港】
2023/04/14
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【日南〜都城〜霧島】
2023/03/16
【大阪】サイクルモードライド大阪2023レポート CYCLE MODE RIDE OSAKA
2023/03/08
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【宮崎空港〜青島〜日南】
2023/02/05
【滋賀県】冬と秋が混じる湖北エリアを巡る旅路【奥琵琶湖キャンプツーリング】
2022/12/06
【広島県】3年ぶりに開催された「憧憬の路」を見に行って来た話【写真ダイジェスト】
2022/11/27
【岡山県〜鳥取県】「はわい」から鳥取市内へ日本海を堪能する旅路【東郷池〜長尾鼻〜鳥取駅】
2022/11/20
【大阪〜京都〜滋賀】ちょっと自転車で大阪から琵琶湖までサイクリングしてきた話
2022/11/10
【岡山県〜鳥取県】山陰の「はわい」を目指して渓流沿いを北上旅【真庭ー倉吉 東郷池 温泉むすめ旅】
2022/11/05
【鳥取県】ちょっと自転車で旧国鉄倉吉線廃線跡に行ってきた話【泰久寺駅】
2022/11/01
【大阪府】堺リバーサイドバイクロア(大和川公園開催)に行ってきた話
2022/10/25
【旅のお供に】突然温泉むすめが部屋に押しかけてきた話【はわい浮乃】
2022/10/20
【バッグ】オルトリーブ ORTLIEB サドルバッグ2 新型を導入した感想。
2022/10/16
【北海道】ニセコグラベル 2022秋 当日走行レポート【supported by Panaracer】
2022/10/12