fc2ブログ

【レンズ】Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが神レンズだった話【Model A071 超便利ズームインプレ】

 神レンズ、なんて俗っぽい表現があまり好きではないけれど、このレンズについては素直にそう思ってしまった。

tamron28-200mm-3.jpg
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD

日常スナップから旅先まで

このレンズは、スペックを見ただけで欲しいと思った。
とにかく便利すぎる。
私は一般的な人より旅の回数も頻度も多いと思う。カメラクラスタの言う旅行先での撮影、とはまたちょっと違うニュアンスもたくさんあったりして、カメラに求める要素も一般的なカメラマンとは異なってくると思っている。

とにかく荷物の量は減らしたい。重量面でも容積面でも。

そう言う意味では便利ズームレンズは大変ありがたい。

tamron28-200mm-1.jpg

これ一本で欲しい画角を全て補えるのだから。レンズ交換をする必要もない。
旅先でのレンズ交換ってば結構なストレスだったりする。それは機材面でも精神面でも。
そう言うわけでこの「28-200mm」という高倍率っぷりには、魅力しか感じなかった。

tamron28-200-2.jpg
28mm

tamron28-200-1.jpg
200mm



軽量コンパクト

それでいてこのレンズは大変にコンパクトだ。
重量は驚きの575g。長さは117mm。

「便利ズームだけど重い」
「便利ズームだけど嵩張る」

は便利ズームでよくある話だったけれど、便利ズームの使用シーンを考えるとこれは結構致命的で、だけど構造的にどうしてもそうなるのは重々承知…
そんな二律背反を解消してくれたと言うだけありがたさしかない。

tamron28-200mm-1.jpg

実際に取りまわしてみるととてもじゃないけれど200mm側まであるとは思えない。
まるで標準ズームレンズだ。これなら自転車旅でも登山でも日常のスナップでも邪魔と感じることはないと思う。
流石にパンケーキレンズには負けるけれど。

「高倍率ズームでありながら、機動力に長けた小型・軽量設計」これだけでもこのレンズを買う価値がある。



F2.8スタート

これもまた驚きだった。
過去に便利ズームを何本か買ったことはあるけれど、明るさはある程度諦めていた。
調べてみるとこのレンズはズーム域でも必要十分な明るさを提供してくれる。

28mm:F2.8
50mm:F3.5
100mm:F4.5
200mm:F5.6

おかげで物撮りやスナップ写真、ポートレート、動物写真撮影まで出来てしまう。
自転車旅をしていると、ありとあらゆる風景に出会うことがあるから、このズーム全域での高い描写力は願ったり叶ったり。
使い倒す自信しかない。


近接撮影能力

これまた優れていて、広角端28mmでは最短撮影距離0.19m、最大撮影倍率1:3.1。
望遠端200mmでは最短撮影距離0.8m、最大撮影倍率1:3.8の接写。
何か部品やアクセサリを撮影するときとか、室内撮影、あるいは被写体との距離を長く取れないシチュエーションもあるから、この能力は高ければ高いほど良い。

tamron28-200-11.jpgtamron28-200-14.jpg

実際にちょっとした路地裏散策とか機材撮影シーンで大変役立った。
思ったより便利な要素だったんだと、このレンズで改めて気付かされた。




28-200の可能性

正直に言うと広角側がほんのちょっと足りないと思うことがある。
24mm欲しい。
24mmと28mmの違いは、80mmと90mmの違いより大きいと思う。

とは言えこれだけの焦点距離を手中に収めたまま散策、旅が出来るのはめちゃくちゃ楽しい。
便利ズームの良いところは、視点が拡張されることだと思う。

例えば街中を歩いていて、「どこをどう切り取ろうか」と考えるときのアイデアの幅が焦点距離の分だけ広がる。
攻殻で撮ろうか、望遠で切り取ろうか、と考える選択肢があると言うだけで、街歩きの仕方が変わってくる。
実用面では海に突き出した灯台を撮影するような時に、広大な海と対峙する灯台、として撮影する際には28mm側で。海を背景に灯台のディティールを描写したい時は200mm側で。選択できると言うのはそれだけで旅の可能性、楽しさを拡張してくれることだと思う。

また、アイデアがなくともレンズが導いてくれることもある。
ズーム操作をしているうちに、「あ、この画角気持ち良い」と気付かされることがある。
これは便利ズームの忘れてはならない魅力の一つだと思う。

そう言うわけで、久しぶりに大満足のレンズに出会えた。
実を言うとこのレンズを使いたいがためにsonyのミラーレス機に決めたと言っても過言ではない。
他にも気になるレンズはたくさんあるけれど。
生涯ただ一本だけレンズを残せと言われたら間違いなくこのレンズになると思う。

描写力、機動力、ズーム域、近接能力…
二律背反どころか三律も四律も解消してくれるレンズということで、同じような使い方をする人には大変お勧めできるレンズということでした。
壊れるまで使い倒してみて、思うところがあればまたまとめてみようと思う。



スペック

画角(対角画角) 75°23'-12°21'
<35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成 14群18枚
最短撮影距離 0.19m (WIDE) / 0.8m (TELE)
最大撮影倍率 1:3.1 (WIDE) / 1:3.8 (TELE)
フィルター径 Φ67mm
最大径 Φ74mm
長さ* 117mm
質量 575g
絞り羽根 7枚 (円形絞り)**
最小絞り F16-32
標準付属品 花型フード、レンズキャップ
対応マウント SONY E マウント
希望小売価格 99,000円 (税込)  ←安すぎる
発売日 2020年6月25日(SONY E マウント)



作例

tamron28-200-13.jpg

tamron28-200-16.jpg

tamron28-200-15.jpg

tamron28-200-4.jpg

tamron28-200-5.jpg

tamron28-200-6.jpg

tamron28-200-7.jpg

tamron28-200-8.jpg

tamron28-200-9.jpg

tamron28-200-10.jpg


というわけでamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD、今後の主力レンズになること間違いなし。

・高倍率ズームでありながら、機動力に長けた小型・軽量設計
・描写力も素晴らしくきめ細かい表現が可能
・ただし広角側が28mmとやや窮屈

このレンズが使いたくてα7CⅡ買ったまであるので壊れるまで使い倒すぞ!

終わり




写真
タムロン(TAMRON) ズーム ソニー E対応 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)

写真
ハクバ HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】 ブラック KMC-LP12B

写真
ソニー(SONY) フルサイズ ミラーレス一眼カメラ α7CII ボディ(レンズなし) シルバー ILCE-7CM2 S

写真
オルトリーブ サドルバッグ2 ブラックマット

写真
ProGrade Digital SDXC UHS-II V60 GOLD 256GB プログレードデジタル 正規輸入品【Amazon.co.jp限定】

写真
キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式 自転車

写真
Leofoto LS-223C カーボン三脚 3段 [並行輸入品]

写真
HOKUTO 防湿庫 ドライボックス HS25L カメラやレンズカビ対策 (25L)

関連記事

バイクパッキング関連はこちら

FC2カウンター

Recent

【タイヤ】パナレーサー グラベルキング X1 40Cに履き直して京都サイクリング【CANYON Grail】
2024/04/17
【北海道】『そらちグルメフォンド2024』9月1日(日)開催決定!
2024/04/11
【レンズ】Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが神レンズだった話【Model A071 超便利ズームインプレ】
2024/04/02
【カメラ】Sony α7CⅡを購入した話 〜CANON EOS 6D mark2ユーザーが本機を選んだ理由〜インプレ
2024/03/29
【グラベルバイク】Canyon GRAIL CF SLX を乗り回してみた感想インプレ【キャニオン新型グレイル】
2024/03/27
【タイヤ】グラベルキング X1 45Cお試し京都ライド〜インプレ〜【空気圧とか】
2024/03/16
~北宇治高校吹奏楽部 第7回定期演奏会〜に行ってきた【響け!ユーフォニアム】レポート
2024/03/08
【福井県】芦原温泉で出会った謎の看板「隔月通行止め」が気になった話【ちはやふる聖地巡礼のはずが】
2024/03/01
【ホイール】POLYMERホイール試乗会にお邪魔してきた話【fromデンマーク】インプレ
2024/02/11
【アメリカ】アンバウンドグラベル2024への道-UNBOUND GRAVEL2024-
2024/01/28
【北海道】札幌発定山渓行きグルメ時々豪雨にモアイ【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2024/01/26
【大阪府〜兵庫県】ぽたんぷ3に参加してきた話【CADENCE&LAVAGGIO】
2024/01/17
【ペダル】三ヶ島ALLWAYSがまさにオールウェイズ=多用途に使えた話
2023/12/25
【広島県】広島駅から竹原まで江田島経由でサイクリング【竹原憧憬の路】
2023/12/19
【高知県】ローカルな栄養素たっぷり すくもグラベルまんぷくライドに参加してきた話【宿毛】
2023/12/15
【アウトドア】バイクパッキングの基本装備を振り返ってみる【キャンプ】
2023/11/25
【キャニオンファミリーグラベルミーティング】in大阪に参加してきた話 canyon新型grail【撮る練習】
2023/11/24
【瀬戸内海、玄界灘、豊後水道etc】自転車で行く島旅のススメ 〜島旅の魅力と旅のコツ〜
2023/11/23
【北海道】〜実走編〜NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/11/21
【北海道】ヴェルサイユファームリゾート〜桜舞馬公園〜自転車どこぉ!?【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/11/03
【高知県】宿毛を目指すはずが四国最南端 足摺岬へ【中村駅〜足摺岬〜宿毛】
2023/10/29
【高知県】宿毛を目指して高知の海を満喫旅【高知市内〜須崎駅】
2023/10/26
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023 前日ライドや会場の様子
2023/10/19
【オールグラベル】Canyon 新型Grail(グレイル)を乗り回してみた感想【第2世代】
2023/10/15
【北海道】大自然の中を馬で駆け巡る一日【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/10/15
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/09/30
【そらちグルメフォンド2022】馬を求めて旅は続く東へ日高へ【厚真〜日高】
2023/09/24
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【後編】
2023/09/20
【高知県】10/14(土)すくもグラベルまんぷくライド2023にゲストライダーとして参加することになった話
2023/09/08
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【前編】
2023/09/07
【サドル】セラサンマルコが誇るベストセラー「アスピデ」を使ってみての感想
2023/08/25
【自転車旅】現時点でのバイクパッキングについて総括してみる【旅の道具は何が最適か】
2023/07/01
【石川県 自転車旅】能登半島の魅力について改めて深掘りしてみた【ロードバイクで羽咋、輪島、七尾へ】
2023/06/28
【そらちグルメフォンド2022】3年ぶりの晴天そらち!写真で振り返る本番日の様子
2023/06/07
【香川県】ちょっと自転車で小豆島を日帰りサイクリングしてきた話【ジャンボフェリー】
2023/06/04
【神戸港】ジャンボフェリーの新造船「あおい」に乗船してきた話【瀬戸内海の玄関口】
2023/05/12
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【霧島温泉郷〜安楽温泉〜鹿児島空港】
2023/04/14
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【日南〜都城〜霧島】
2023/03/16
【大阪】サイクルモードライド大阪2023レポート CYCLE MODE RIDE OSAKA
2023/03/08
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【宮崎空港〜青島〜日南】
2023/02/05
【滋賀県】冬と秋が混じる湖北エリアを巡る旅路【奥琵琶湖キャンプツーリング】
2022/12/06
【広島県】3年ぶりに開催された「憧憬の路」を見に行って来た話【写真ダイジェスト】
2022/11/27
【岡山県〜鳥取県】「はわい」から鳥取市内へ日本海を堪能する旅路【東郷池〜長尾鼻〜鳥取駅】
2022/11/20
【大阪〜京都〜滋賀】ちょっと自転車で大阪から琵琶湖までサイクリングしてきた話
2022/11/10
【岡山県〜鳥取県】山陰の「はわい」を目指して渓流沿いを北上旅【真庭ー倉吉 東郷池 温泉むすめ旅】
2022/11/05
【鳥取県】ちょっと自転車で旧国鉄倉吉線廃線跡に行ってきた話【泰久寺駅】
2022/11/01
【大阪府】堺リバーサイドバイクロア(大和川公園開催)に行ってきた話
2022/10/25
【旅のお供に】突然温泉むすめが部屋に押しかけてきた話【はわい浮乃】
2022/10/20
【バッグ】オルトリーブ ORTLIEB サドルバッグ2 新型を導入した感想。
2022/10/16
【北海道】ニセコグラベル 2022秋 当日走行レポート【supported by Panaracer】
2022/10/12