fc2ブログ

【カメラ】Sony α7CⅡを購入した話 〜CANON EOS 6D mark2ユーザーが本機を選んだ理由〜インプレ

人生で初めてCANON以外のカメラを購入しました。

sony α7c2-11

選ばれたのはSONY α7CⅡ
これまでひたすらレフ機を愛していた私が新たな道を選んだ理由を綴っていこうと思います。

CANON EOS 6D mark2を愛用して思っていたこと

何も言うことはない。と言っても差し支えないくらい素晴らしいカメラだと思う。私の使い方にこれ以上合致しているカメラは後にも先にも無かった。

canon40mm-19.jpg

・軽量
・コンパクト
・フルサイズ
・高耐久、長寿命

CANON遍歴は長い。KISSから始まり、30D、60D、70D、6Dと使い続けてきた。
もっと前はフィルム時代のFTとかEOS7とかも。20年くらいの付き合いになる。

さて、カメラ本体に不満があったわけではない。というと実は嘘になる。
最新機材を見ていると「ボディ内手ぶれ補正」が増えてきているように感じていた。ここ数年。

これが欲しいとずっと思っていた。

もちろん手ぶれ補正機能のついたレンズもあるけれど、本体にその機能があった方が絶対に良いのは間違いない。
それはレンズを選ばないという選択肢的な理由もあるし、レンズ内に手ぶれ補正を組み込むとどうしてもレンズの重量が重くなる=カメラシステム全体としてみた時の重量バランスが気になるという理由もある。
そして手ぶれ補正を内蔵したレンズは扱いがデリケートで、自転車旅でとにかくハードに機材を使いまくる私にとってはいささかこれが懸念事項としてあり続けていた。
カメラ好きからすると、私の使い方はとにかく荒っぽく、雑だと思う。カメラそのものが好きと言うよりは、あくまで道具として捉えている節が私にはある。

と言うわけでレンズに頼らない手ぶれ補正システムであるボディ内手ぶれ補正は、買い増しに至る大きな理由だったと思う。
仮に6Dmark2にボディ内手ぶれ補正が搭載されていたらどうだっただろうか。
例えそうでも、SONY α7CⅡを見つけた瞬間に、心は揺らいでいた思う。



豊富なレンズ群

ソニーEマウントのレンズ群を見て心を決めたところがある。
厳密に言うとサードパーティの。
SONY純正レンズというよりは、サードパーティ製レンズの豊富さにしてやられた。

lenspen-9.jpglenspen-9.jpg

特にタムロン、SIGMA、Carl Zeissと言ったサードパーティを代表するレンズメーカーがソニーEマウントに対応した素敵レンズを続々と投入していた。
正直なところこのレンズを使いたいから、という理由がトップクラスに来る。

EFレンズ群も十分豊富なんだけれど、これから先のことを見据えるとちょっと不安になってしまったというのもあるし、実際に私が購入しようとしているレンズ達は残念ながらEF群には存在しないものが多かった。

カメラ本体だけではなくレンズも含めたカメラシステム全体で捉えた際の選択肢としてソニー製のミラーレス一眼は素晴らしく私の好みに合ったものだった。

特にタムロンの
TAMRON 28-200mm F2.8-5.6 Di III RXD(Model A071SF)
は自転車や登山といったアウトドア全般が好きな私にとって、一日中、さまざまなシーンをこれ1本で撮れる、かつ明るくて、軽量で…願ったり叶ったりのレンズだ。これで手ぶれ補正はボディがしてくれるのだから言うことが無い。このレンズのレビュー記事も近日まとめてみようと思う。



正しい取捨選択

さて、Sony α7CⅡの決め手はいくつかある。

sony α7c2-2

正直Sonyのミラーレス機のラインナップを舐めていた。選択肢が多すぎる。
どれだけカメラ選びの軸を持っていても、ほとんどの人が最終段階においても選び切ることができずに2~3択残るんじゃ無いだろうか。

幸い私はEOS6Dmark2から乗り換えではなく買い増しだったから割り切ることができた。
つまり軽量コンパクトであることを第一プライオリティに見据えた。
前提条件として写りは妥協して欲しく無かったからフルサイズ機であること、も条件に入っていた。
さらにボディ内手ぶれ補正とWi-Fi通信も必須だった。
これらは自転車で旅をしつつ全国各地で写真を撮影する、と言う明確な使用シーンが、もはやライフスタイルとして定着していたからこそだと思う。

・軽量
・コンパクト
・フルサイズ機
・ボディ内手ぶれ補正
・Wi-Fi

ここまで来ると自ずとα7CⅡになった。

sony α7c2-1sony α7c2-3

他にもαシリーズがあるのは重々承知。
実機をヨドバシカメラでも確認した。
そこで発見したのは、レビュー記事で散見されていた他の機種と比較した際のα7CⅡのデメリットが、私には全然デメリットに感じられなかったと言うことだった。

物理ボタンが少ない
グリップに不安がある
SDカードスロットがデュアルじゃなくてシングル などなど…


私にはそれはデメリットではなくて、α7CⅡを軽量コンパクトフルサイズ機たらしめている大事な要素にしか思えなくて、むしろだからいいんじゃないか!っていうメリットにしか感じられなかった。
ものは言いよう、短所も長所と言うけれど、ことこういった明確なコンセプトが与えられた道具に対しては、その意図を汲み取って正しく観る、正しい取捨選択が大事だと実感した。(あと物理ボタンはむしろめちゃくちゃ多かった。)

仮に上記のような要素を一つひとつ足した時に出来上がるものは果たしてα7Cと呼べるのか?

それは他のシリーズに任せておけば良い、と思う。そのためのラインナップだ。だからこうしてドンズバ自分好みのカメラに出会えたのはとても幸運なことだと思う。これまでの経験があってこそ、捨てるべき要素と、絶対に拾うべき要素が明確になっていた。そして私の手元にはCANON EOS6D mark2がある。
sonyを買ったけれどCANONを引退するわけではない。2台体制にしていくつもりで、これからも6Dじゃないといけない場面は出てくると想定。



α7CⅡの魅力

sony α7c2-4
sony α7c2-5

さて、そんなわけでα7CⅡを実際に使って感じた魅力をさらに挙げていくと下記の通り。

・物理ボタンはカスタマイズすればむしろ余るくらいある
・ボディ内手ぶれ補正が思ったより強力
・完全サイレントシャッターが便利
・スマホとの通信がEOSより早くて楽
・アプリとの連携がスムーズ
・軽量コンパクトを日々実感。カバンに入れる頻度が増えた
・使いたいと思えるレンズが多すぎるくらいある

思いきって軽量コンパクトにして本当に良かったと思う。
自転車旅や登山でカメラを収納することができるスペースが増えた、選択肢が増えた。
レンズと合わせると同じ焦点距離で運用しても4~700g程度の軽量化ができたことも大きい。

sony α7c2-7sony α7c2-9sony α7c2-12sony α7c2-13sony α7c2-6

操作性もよく考えられている。
いわゆるUIUXの領域。
例えばプレビューボタンを押して画像確認をするときに、そのボタンをもう一度押せば画像削除、といったカスタムができるとか。
ゴミ箱ボタンを探して押さなくてもダブルクリックで素早い削除が可能。
ほんのちょっとしたことだけれど、こう言うちょっとした嬉しい機能がたくさんついていて、日々のカメラライフを送るにあたってはとてもありがたく便利に感じる。

sony α7c2-10

α7CⅡは軽量コンパクトかつ最新カメラに求められるおおよその機能、スペックをそこそこ高い水準で実現してくれるフルサイズミラーレス一眼機。とまとめることができると思う。便利ズームや単焦点レンズと組み合わせれば機動力抜群にあらゆるシーンを切り取ることができる予感がしている。

以上、実際に1ヶ月弱使ってみての感想。参考になれば幸いです。
さらに使い倒してみてまた思うところがあればまとめてみようと思う。

終わり。





写真
ハクバ HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】 ブラック KMC-LP12B


写真
ソニー(SONY) フルサイズ ミラーレス一眼カメラ α7CII ボディ(レンズなし) シルバー ILCE-7CM2 S


写真
オルトリーブ サドルバッグ2 ブラックマット


写真
ProGrade Digital SDXC UHS-II V60 GOLD 256GB プログレードデジタル 正規輸入品【Amazon.co.jp限定】


写真
キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式 自転車


写真
Leofoto LS-223C カーボン三脚 3段 [並行輸入品]


写真
HOKUTO 防湿庫 ドライボックス HS25L カメラやレンズカビ対策 (25L)

関連記事

バイクパッキング関連はこちら

FC2カウンター

Recent

【タイヤ】パナレーサー グラベルキング X1 40Cに履き直して京都サイクリング【CANYON Grail】
2024/04/17
【北海道】『そらちグルメフォンド2024』9月1日(日)開催決定!
2024/04/11
【レンズ】Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが神レンズだった話【Model A071 超便利ズームインプレ】
2024/04/02
【カメラ】Sony α7CⅡを購入した話 〜CANON EOS 6D mark2ユーザーが本機を選んだ理由〜インプレ
2024/03/29
【グラベルバイク】Canyon GRAIL CF SLX を乗り回してみた感想インプレ【キャニオン新型グレイル】
2024/03/27
【タイヤ】グラベルキング X1 45Cお試し京都ライド〜インプレ〜【空気圧とか】
2024/03/16
~北宇治高校吹奏楽部 第7回定期演奏会〜に行ってきた【響け!ユーフォニアム】レポート
2024/03/08
【福井県】芦原温泉で出会った謎の看板「隔月通行止め」が気になった話【ちはやふる聖地巡礼のはずが】
2024/03/01
【ホイール】POLYMERホイール試乗会にお邪魔してきた話【fromデンマーク】インプレ
2024/02/11
【アメリカ】アンバウンドグラベル2024への道-UNBOUND GRAVEL2024-
2024/01/28
【北海道】札幌発定山渓行きグルメ時々豪雨にモアイ【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2024/01/26
【大阪府〜兵庫県】ぽたんぷ3に参加してきた話【CADENCE&LAVAGGIO】
2024/01/17
【ペダル】三ヶ島ALLWAYSがまさにオールウェイズ=多用途に使えた話
2023/12/25
【広島県】広島駅から竹原まで江田島経由でサイクリング【竹原憧憬の路】
2023/12/19
【高知県】ローカルな栄養素たっぷり すくもグラベルまんぷくライドに参加してきた話【宿毛】
2023/12/15
【アウトドア】バイクパッキングの基本装備を振り返ってみる【キャンプ】
2023/11/25
【キャニオンファミリーグラベルミーティング】in大阪に参加してきた話 canyon新型grail【撮る練習】
2023/11/24
【瀬戸内海、玄界灘、豊後水道etc】自転車で行く島旅のススメ 〜島旅の魅力と旅のコツ〜
2023/11/23
【北海道】〜実走編〜NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/11/21
【北海道】ヴェルサイユファームリゾート〜桜舞馬公園〜自転車どこぉ!?【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/11/03
【高知県】宿毛を目指すはずが四国最南端 足摺岬へ【中村駅〜足摺岬〜宿毛】
2023/10/29
【高知県】宿毛を目指して高知の海を満喫旅【高知市内〜須崎駅】
2023/10/26
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023 前日ライドや会場の様子
2023/10/19
【オールグラベル】Canyon 新型Grail(グレイル)を乗り回してみた感想【第2世代】
2023/10/15
【北海道】大自然の中を馬で駆け巡る一日【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/10/15
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/09/30
【そらちグルメフォンド2022】馬を求めて旅は続く東へ日高へ【厚真〜日高】
2023/09/24
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【後編】
2023/09/20
【高知県】10/14(土)すくもグラベルまんぷくライド2023にゲストライダーとして参加することになった話
2023/09/08
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【前編】
2023/09/07
【サドル】セラサンマルコが誇るベストセラー「アスピデ」を使ってみての感想
2023/08/25
【自転車旅】現時点でのバイクパッキングについて総括してみる【旅の道具は何が最適か】
2023/07/01
【石川県 自転車旅】能登半島の魅力について改めて深掘りしてみた【ロードバイクで羽咋、輪島、七尾へ】
2023/06/28
【そらちグルメフォンド2022】3年ぶりの晴天そらち!写真で振り返る本番日の様子
2023/06/07
【香川県】ちょっと自転車で小豆島を日帰りサイクリングしてきた話【ジャンボフェリー】
2023/06/04
【神戸港】ジャンボフェリーの新造船「あおい」に乗船してきた話【瀬戸内海の玄関口】
2023/05/12
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【霧島温泉郷〜安楽温泉〜鹿児島空港】
2023/04/14
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【日南〜都城〜霧島】
2023/03/16
【大阪】サイクルモードライド大阪2023レポート CYCLE MODE RIDE OSAKA
2023/03/08
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【宮崎空港〜青島〜日南】
2023/02/05
【滋賀県】冬と秋が混じる湖北エリアを巡る旅路【奥琵琶湖キャンプツーリング】
2022/12/06
【広島県】3年ぶりに開催された「憧憬の路」を見に行って来た話【写真ダイジェスト】
2022/11/27
【岡山県〜鳥取県】「はわい」から鳥取市内へ日本海を堪能する旅路【東郷池〜長尾鼻〜鳥取駅】
2022/11/20
【大阪〜京都〜滋賀】ちょっと自転車で大阪から琵琶湖までサイクリングしてきた話
2022/11/10
【岡山県〜鳥取県】山陰の「はわい」を目指して渓流沿いを北上旅【真庭ー倉吉 東郷池 温泉むすめ旅】
2022/11/05
【鳥取県】ちょっと自転車で旧国鉄倉吉線廃線跡に行ってきた話【泰久寺駅】
2022/11/01
【大阪府】堺リバーサイドバイクロア(大和川公園開催)に行ってきた話
2022/10/25
【旅のお供に】突然温泉むすめが部屋に押しかけてきた話【はわい浮乃】
2022/10/20
【バッグ】オルトリーブ ORTLIEB サドルバッグ2 新型を導入した感想。
2022/10/16
【北海道】ニセコグラベル 2022秋 当日走行レポート【supported by Panaracer】
2022/10/12