fc2ブログ

【タイヤ】グラベルキング X1 45Cお試し京都ライド〜インプレ〜【空気圧とか】

先日リリースされて大変話題になっているパナレーサーの新しくなったグラベルキング。
X1の45Cをインストールしてしばらく走ってみようと思います。

gravelkingzx1-10.jpg
やれやれ、一瞬で泥だらけ。

アンバウンドグラベル2024への参戦が決まってから、いろんな準備を始めた。と言うものの、実際のところ海外に行くと言うのはそこまでたいそうなことでもない。国内遠征にちょこっと必要なものが増えるだけだ。大袈裟な量の荷物も装備もいらない。ただし、適応力が求められる。どれだけ現地に適した服、機材、装備、ガジェットを用意できるか。ここが大事だと思う。現地調達のコストも日本国内とは比べ物にならないし、そもそも手に入らない可能性もある。だから選択を失敗しないようにしないといけない。

gravelkingzx1-5.jpg
足回り。グラベルキングX1の45C。

結果からと言うとオーバースペックに感じた。ほとんどのシチュエーションでは40Cで十分だと思う。比べて見たけれど、やっぱり40Cの方が軽快だし、クイック、転がりも軽い。X1は前作に比べて明らかに芯がある走りができるようになった。低圧で柔らかめに乗っても、コシ、芯を失わないのが大きな特徴だと思う。それもノブに頼らない、タイヤのコンパウンド自体の性能だろうか。もちろんノブの形状変化も大きい。細かい密度。特にセンターは速度が乗れば乗るほどスリックに近い乗り味に近づいていく。結果として高速巡行がしやすくなった。とはいえ30km/hを超えると重みを感じるのだけれど。逆にいえばそれ以下なら、タイヤ径が大きくなることもあって、まったり巡航するならこれ以上ないくらい乗り味が良くかつしっかり進んでくれるから気に入った。


gravelkingzx1-12.jpg
タイヤ性能を試すためには酷使しなければならない。やれやれ。

ちなみに空気圧は最初3.5barだったけれど、高すぎた。芯が感じられてよく進むように感じたけれど、乗り味が固く、路面追従性が若干悪い腰高な感じ。3.3barに落ちしてもまだダメだった。結局2.4barくらいが私にはちょうど良かった。今までの経験上、空気圧はざっくり以下のような運用が良いと感じた。

【舗装路メイン、たまに未舗装路の場合】
45C・・・前2.4bar 後2.6bar
40C・・・前2.8bar 後3.0bar
35C・・・前3.5bar 後3.8bar

【未舗装路メインの場合】
上記からそれぞれマイナス5〜10%程度


gravelkingzx1-8.jpg
それにしても大阪はなんだかんだ自転車に乗る環境としては良いと思う。

淀川を始めとした河川沿いに外方向へ走れば1時間もあれば山岳地帯にたどり着くことができて、京都や奈良、神戸といったかつての交通の要衝からさらに各方面へと分岐することができて、しかもそれぞれが何かしらの道で繋がっているからバリエーションルートを作りやすい。いつも走りながら「今日はどこへ行こう、どうやって回ろう」と選択肢が多いゆえに迷うくらいで、贅沢な悩みだと思う。

gravelkingzx1-6.jpg

ちなみにホイールはPOLYMER。デンマークの新進気鋭のホイールブランド。

第一印象は「懐かしい」だった。どう懐かしいかというと、リムブレーキ時代を思い出したということ。いや、現役でTADA車を乗ってるからまぁ懐かしいも何もないかもしれないけれど、リムブレーキをみんなが使っていた頃のハイエンドホイールって、ホイールブランドによる性格の違いがディスクブレーキ時代よりもはっきりわかっていたと思う。硬い、あるいは固い、柔らかい、優しい、ピーキー、ストイック、楽・・・数値にはなかなか表現しにくいフィーリングが数値以上に評価出来ていたと思う。入力装置がアナログなサイクリングにおいて実は最も大事な要素かもしれない。 POLYMERホイールはそんな感覚で乗れた。そしてそのフィーリングは優しい。はっきり感じた。カーボンスポークの印象が変わったかもしれない。ディスクブレーキ車はどうしても硬くなりがち。剛性を求めることと固さを求めることは別だと思うけれど、どうしてもセットで提供されてきたところに、POLYMERは扱いやすい柔らかさというか優しさを伴ってくれていた。手に取ってみるとわかる圧倒的なリムの厚さ、堅牢さ。それに反してしなやかさを演出するんだろうな、と触ってわかるカーボンスポーク。このバランスがピカイチなんだろうな、と思った。直前までZIPP303を履いていたせいかもしれないけれど、とても優しいと感じた。かつてリムブレーキ時代のレイノルズARやユーラスを思い出した。

gravelkingzx1-2.jpg


gravelkingzx1-14.jpg
京都と言えば…これまたいろいろあるけれど、この日は伏見稲荷大社参道のお店で買った稲荷寿司をいただいた。

gravelkingzx1-16.jpg
さらに石清水八幡宮の近くにある走井餅本舗さんでお茶セットをいただいた。毎月必ず訪れているメチャクチャお気に入りのお店。季節毎のお菓子をいただける。

gravelkingzx1-13.jpg
京都競馬場近くの淀の河津桜が満開だった。毎年3月上旬〜桜が咲き始める。


gravelkingzx1-9.jpg
実は防寒テムレスを冬場のメイングローブにしている私。暖かさはフラッグシップクラス。お値段はエントリーモデルより安い。

グラベルキングX1は実際のところオールロード的な乗り方をするのにぴったりすぎると思う。ツーリングバイクとかにも良いんじゃないだろうか。新しいグラベルキングは「グラベル」って名前がついてるけれど、ホビーライダーが遭遇するグラベル以外の様々なシチュエーションにマッチすると思う。タイヤ4000km使うとしてそのうちグラベルを走るのって500kmも行かない人がほとんどだと思う。大半は街中やアプローチ、河川敷で消耗するんじゃないだろうか。新しいグラベルキングはグラベルでの真価を発揮するためにアプローチもケアしてくれるように思える。辿り着かないと意味がない。たどり着くまでのストレスは減らしたい。舗装路が重いグラベルバイクは、グラベルバイクとしての性質(純粋に未舗装路を走るだけではなく、舗装路も含めたトータルでのライディング)を損なってしまう。グラベルバイクの奥ゆかしいところがまさにここで、あれやこれやと機材を選んだり、空気圧をセッティングしたり、ウエアも含めて考えるのが楽しい。

アンバウンドグラベルに向けてまた一つ最適解が見つかったような気がする。

続く。







写真
パナレーサー 24春新モデル グラベルキングX1 700×35/40/45C 通常/耐パンク/軽量モデル

 写真
TIOGA(タイオガ) フレックス コクーン BAR03800

写真
アールニーゴーマル(R250) 縦型軽量輪行袋 ブラック エンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属

写真
オルトリーブ サドルバッグ2 ブラックマット

写真
パナレーサー(Panaracer) クリンチャータイヤ AGILEST DURO (アジリスト デューロ)
 
写真
キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式 自転車

写真
NO TUBES タイヤシーラントインジェクター AS0001

写真
ALLMIGHT (オールマイト) ツールボトル Orthodox 【 最軽量 × 大容量 】

写真
REC-MOUNTS(レックマウント) Type19 ガーミン キャットアイ コンボマウント(両持ちナロー タイプ, 下部アダプター付)【190-GM+GP】

関連記事

バイクパッキング関連はこちら

FC2カウンター

Recent

【タイヤ】パナレーサー グラベルキング X1 40Cに履き直して京都サイクリング【CANYON Grail】
2024/04/17
【北海道】『そらちグルメフォンド2024』9月1日(日)開催決定!
2024/04/11
【レンズ】Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが神レンズだった話【Model A071 超便利ズームインプレ】
2024/04/02
【カメラ】Sony α7CⅡを購入した話 〜CANON EOS 6D mark2ユーザーが本機を選んだ理由〜インプレ
2024/03/29
【グラベルバイク】Canyon GRAIL CF SLX を乗り回してみた感想インプレ【キャニオン新型グレイル】
2024/03/27
【タイヤ】グラベルキング X1 45Cお試し京都ライド〜インプレ〜【空気圧とか】
2024/03/16
~北宇治高校吹奏楽部 第7回定期演奏会〜に行ってきた【響け!ユーフォニアム】レポート
2024/03/08
【福井県】芦原温泉で出会った謎の看板「隔月通行止め」が気になった話【ちはやふる聖地巡礼のはずが】
2024/03/01
【ホイール】POLYMERホイール試乗会にお邪魔してきた話【fromデンマーク】インプレ
2024/02/11
【アメリカ】アンバウンドグラベル2024への道-UNBOUND GRAVEL2024-
2024/01/28
【北海道】札幌発定山渓行きグルメ時々豪雨にモアイ【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2024/01/26
【大阪府〜兵庫県】ぽたんぷ3に参加してきた話【CADENCE&LAVAGGIO】
2024/01/17
【ペダル】三ヶ島ALLWAYSがまさにオールウェイズ=多用途に使えた話
2023/12/25
【広島県】広島駅から竹原まで江田島経由でサイクリング【竹原憧憬の路】
2023/12/19
【高知県】ローカルな栄養素たっぷり すくもグラベルまんぷくライドに参加してきた話【宿毛】
2023/12/15
【アウトドア】バイクパッキングの基本装備を振り返ってみる【キャンプ】
2023/11/25
【キャニオンファミリーグラベルミーティング】in大阪に参加してきた話 canyon新型grail【撮る練習】
2023/11/24
【瀬戸内海、玄界灘、豊後水道etc】自転車で行く島旅のススメ 〜島旅の魅力と旅のコツ〜
2023/11/23
【北海道】〜実走編〜NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/11/21
【北海道】ヴェルサイユファームリゾート〜桜舞馬公園〜自転車どこぉ!?【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/11/03
【高知県】宿毛を目指すはずが四国最南端 足摺岬へ【中村駅〜足摺岬〜宿毛】
2023/10/29
【高知県】宿毛を目指して高知の海を満喫旅【高知市内〜須崎駅】
2023/10/26
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023 前日ライドや会場の様子
2023/10/19
【オールグラベル】Canyon 新型Grail(グレイル)を乗り回してみた感想【第2世代】
2023/10/15
【北海道】大自然の中を馬で駆け巡る一日【2023年そらちグルメフォンド参戦記】
2023/10/15
【北海道】NISEKO GRAVEL|ニセコグラベル2023秋に参加してきた話
2023/09/30
【そらちグルメフォンド2022】馬を求めて旅は続く東へ日高へ【厚真〜日高】
2023/09/24
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【後編】
2023/09/20
【高知県】10/14(土)すくもグラベルまんぷくライド2023にゲストライダーとして参加することになった話
2023/09/08
【RIDEAIDinSAKAMOTO】豪雨災害から3年を経た熊本県八代市坂元町を巡る旅路【前編】
2023/09/07
【サドル】セラサンマルコが誇るベストセラー「アスピデ」を使ってみての感想
2023/08/25
【自転車旅】現時点でのバイクパッキングについて総括してみる【旅の道具は何が最適か】
2023/07/01
【石川県 自転車旅】能登半島の魅力について改めて深掘りしてみた【ロードバイクで羽咋、輪島、七尾へ】
2023/06/28
【そらちグルメフォンド2022】3年ぶりの晴天そらち!写真で振り返る本番日の様子
2023/06/07
【香川県】ちょっと自転車で小豆島を日帰りサイクリングしてきた話【ジャンボフェリー】
2023/06/04
【神戸港】ジャンボフェリーの新造船「あおい」に乗船してきた話【瀬戸内海の玄関口】
2023/05/12
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【霧島温泉郷〜安楽温泉〜鹿児島空港】
2023/04/14
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【日南〜都城〜霧島】
2023/03/16
【大阪】サイクルモードライド大阪2023レポート CYCLE MODE RIDE OSAKA
2023/03/08
【宮崎〜鹿児島】ちょっと自転車で神話の里を走り回ってきた【宮崎空港〜青島〜日南】
2023/02/05
【滋賀県】冬と秋が混じる湖北エリアを巡る旅路【奥琵琶湖キャンプツーリング】
2022/12/06
【広島県】3年ぶりに開催された「憧憬の路」を見に行って来た話【写真ダイジェスト】
2022/11/27
【岡山県〜鳥取県】「はわい」から鳥取市内へ日本海を堪能する旅路【東郷池〜長尾鼻〜鳥取駅】
2022/11/20
【大阪〜京都〜滋賀】ちょっと自転車で大阪から琵琶湖までサイクリングしてきた話
2022/11/10
【岡山県〜鳥取県】山陰の「はわい」を目指して渓流沿いを北上旅【真庭ー倉吉 東郷池 温泉むすめ旅】
2022/11/05
【鳥取県】ちょっと自転車で旧国鉄倉吉線廃線跡に行ってきた話【泰久寺駅】
2022/11/01
【大阪府】堺リバーサイドバイクロア(大和川公園開催)に行ってきた話
2022/10/25
【旅のお供に】突然温泉むすめが部屋に押しかけてきた話【はわい浮乃】
2022/10/20
【バッグ】オルトリーブ ORTLIEB サドルバッグ2 新型を導入した感想。
2022/10/16
【北海道】ニセコグラベル 2022秋 当日走行レポート【supported by Panaracer】
2022/10/12