fc2ブログ

【高知県】10/14(土)すくもグラベルまんぷくライド2023にゲストライダーとして参加することになった話

神楽坂つむり

イベント, 四国, 輪行, 自転車, ロングライド,
縁あって高知県は宿毛市で開催されるイベントにゲストライダーとして参加することになりました。

宿毛まんぷくライド-4

その名も

すくもグラベルまんぷくライド

名前からしてもう欲張りな予感しかしない'`,、('∀`) '`,、



高知県宿毛市。

宿毛(すくも)と聞いてパッと場所がわかる人はどれだけいるだろうか。桃鉄とかプレイしたて知ってる、とか、なかなか辺境の地にあって逆に知ってる、なんて人も意外と多いかもしれない。

場所はここ。
四国の南西、左下に位置する。

私自身、過去に訪れたことがある。あの時は四国旅として愛媛県の東予港からスタートして山を抜けてあとはひたすら海沿いに右手に美しい伊予灘を見ながら南下した。あの時に感じたのは南下すればするほど非日常感が強まって行ったこと。自分の知らない世界がこの先に広がっている、という実感を得ながら自転車を漕ぐ楽しみを再認識する旅だった。

それくらい、遠い場所のイメージ。
そもそも四国ってだけで遠く感じる人も多いと思う。玄関口である鳴門や高松、今治ならまだしも、南の高知県、さらにその西の西にある宿毛はアクセスの点ではなかなか大変な場所。

だけど私自身、当時の旅の終着点はここ宿毛であって、ここから鉄道で大阪まで帰った思い出があって、これがとても楽しかった。旅という意味では自転車ではなくても鉄道の「旅」として随分と印象深かったことを覚えている。ローカル線、在来線特急、ターミナル駅での乗り換え、駅弁を食べながら車窓景色を楽しみ、最後は新幹線に乗って都会へと帰っていくあのプロセスが、非日常から日常へシームレスにシフトしていくあの時間が、こういう場所へ行ってこそ味わえるものだと再認識した。

当時の旅の様子はこちら



すくもグラベルまんぷくライド

昨年ご好評をいただいた、宿毛を舞台としたオフロード自転車イベント「すくもグラベルまんぷくライド2023」を今年も下記の日程、内容にて開催いたします。
宿毛の「食」と宿毛の「自然」、オフロードだけでなく、ロードコースもある初心者から上級者まで楽しめるイベントです。

【開催日】令和5年10月14日㈯

【イベント内容】
宿毛市総合運動公園をスタートし、ダム付近より未舗装の森林作業道を通り山間の集落へ。
その後県道に合流し再び運動公園へ帰る、30キロ、コースタイム3時間程度のグラベルコースと、県道を松田川沿いに北上し、愛媛県との県境にある出井甌穴(いでいおうけつ)で折り返す、50キロのロードコースの2つを用意しました。
スタート&ゴールの運動公園や、エイドステーションではドリンクのほかに地元事業者による宿毛市ならではの地元グルメやスイーツの提供が行われ、自然と食の両方がまんぷくになること間違いなしのイベントです!
昨年に続き、参加者全員に市内の協力飲食店で使える2,000円分のクーポンをプレゼント!イベント中だけではなく、イベント前、イベント後も宿毛の食を楽しんでもらえる企画となっております。
また今回は、運動公園に併設されたMTBコースの試走体験も実施いたしますので是非ご体験下さい!

【参加費】
グラベル、ロードとも5,000円(2000円の飲食クーポン付)

【申込方法】
e-moshicomからのエントリーとなります。
https://moshicom.com/91638/
大会詳細等をご確認の上、お申し込み下さい。

(宿毛市観光協会イベント紹介ページ「

すくもグラベルまんぷくライド2023募集開始しました!

」より引用)


昨年の様子なども調べてみたけれど、どうやら

とんでもなくグルメが盛りだくさん

ということがわかった。
この手の自転車イベントのおもてなしが過ぎるのは、そらちグルメフォンドで経験済み。
どうしてこうもおもてなしに気合いを入れるんだ!ありがてぇ!

宿毛まんぷくライド-3

地元の名産品がこれでもかというくらい出てくるらしい。
朝ご飯を食べて行くかどうか迷う。どうやらこれまでには
・朝にいきなりモーニングを提供される
・エイドステーションでは地元飲食店提供の「まんぷくらんち」が登場
・もちろんデザートも。これも地元で人気のお菓子とか出てくるらしい
・ゴールしてからも宿毛のグルメもりもり

また、グラベルコースとロードコースの二つが提供される模様。
宿毛まんぷくライド-1
宿毛まんぷくライド-2

宿毛の自然と宿毛のグルメを詰めに詰め込んだというわけだ…
欲張りである。
距離はグラベルコースが30km、ロードコースが50kmと気軽に楽しむにはちょうど良い距離。
距離だけが正義じゃないってのは乗れば乗るほど分かる話で、個人的にはこの手のイベントは正直なところ走行距離は本当に重要じゃないと思う。(チャレンジングなイベントを除いて)

あと何気に気になったのが

昨年に続き、参加者全員に市内の協力飲食店で使える2,000円分のクーポンをプレゼント!

って絶対これ赤字では??参加費用5,000円からして安過ぎるんだが…??

おもてなし精神が強過ぎる予感しかしない'`,、('∀`) '`,、

宿毛まんぷくライド-4

申し込み締め切りは10月1日(日)と言うことで
気になっている人はとりあえずエントリーしちゃいましょう。
楽しそうな匂いがぷんぷんするイベントです。(実際行った人の感想も楽しいに溢れていた)

土曜日開催でスタートが10時と言うことは遠方から来る人は前泊必須かもしれない。
車で飛ばせば大阪からでも5〜6時間で行けるから早起きしたら当日入りも可能と言えば可能…?

ただ個人的にはやっぱり鉄道旅を満喫して欲しい。
宿毛にたどり着くまでで絶対旅情あふれる気持ちに包まれて、それだけでもきっと良い思い出になるはず。

宇和島〜宿毛旅-49
宇和島〜宿毛旅-48
宇和島〜宿毛旅-52

自転車の良いところは、他の交通機関と組み合わせて輪行することで移動範囲が一気に広がることと、電車旅とか船旅とか、また違った側面での旅の楽しみ方も同時にできるところにあると思う。 乗り鉄と名乗るほどでもないけれど、全国各地のローカル線で輪行をしているうちに、こういうスタイルにもすっかり慣れてしまった。  

青森県むつ市の大湊駅から大阪まで輪行で帰った時が一番辛かった() 

兎にも角にも今からものすごく楽しみな「すくもグラベルまんぷくライド2023」

宿毛の地でお会いしましょう。

写真
アールニーゴーマル(R250) 縦型軽量輪行袋 ブラック エンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属

写真
オルトリーブ サドルバッグ2 ブラックマット

写真
パナレーサー(Panaracer) クリンチャータイヤ AGILEST DURO (アジリスト デューロ)

写真
キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式 自転車

関連記事
イベント, 四国, 輪行, 自転車, ロングライド,

Comments 0

There are no comments yet.

バイクパッキング関連はこちら

FC2カウンター

【高知県】宿毛を目指して高知の海を満喫旅【高知市内〜須崎駅】