ブログパーツ

GT GRADEで近江〜若狭地方の林道を彷徨ってきた。

IMG_7397.jpg 
新大阪駅から新快速で輪行すると混雑に負けてしまいそうだったのであえて反対の電車に乗って大阪駅まで戻ってから新快速に乗り込むことにした。
もちろん大阪駅の改札を一旦出て、再度入場。不正乗車にならないように。
これが大正解。一駅戻ってから乗車することで、ゆとりのある輪行ができる。
急ぎでもない旅の時には、始発駅まで戻ることは大変に有効策だと言えます。

さて、林道へ。

関連記事
[ 2017/04/28 22:49 ] グラベルライド | TB(0) | CM(0)

【ホイール】Crankbrothers コバルト3 700C⇔29erの互換性

「かっこいい!!」

初めて目にした時の第一印象です。


趣味の物を買うのに他の理由は要りません。

のでポチッ。


開梱、装着。


IMG_2727.jpg 

関連記事
[ 2017/04/25 22:00 ] 自転車パーツ、小物 | TB(0) | CM(6)

【瀬戸内ツーリング】呉 堪能【〜この世界の片隅に〜聖地巡礼】

呉と聞くと何を連想するだろう。
私が思い浮かべるのは「造船」。
かつての大日本帝国海軍の誉れ、世界最大級の戦艦「大和」が建造されたこの町に訪れるのは3度目となります。


IMG_3325_20170418114743b29.jpg 


関連記事

【自転車で】クワモンペにピザを食べに行くライド

indigoさん(@indigo_77)のお誘いで兵庫県篠山市のクワモンペというピザ屋さんへ行ってきた様子です。

IMG_5239_2017041620463652e.jpg 
いやあ本当美味しかった。
関連記事
[ 2017/04/16 21:25 ] 1dayライド | TB(0) | CM(0)

【瀬戸内ツーリング】島から島へと繋がる旅路【高松〜今治〜とびしま海道〜呉】

たまごんと別れた後は、さて、どうしようか。

現在地は四国、香川県は高松市。
とりあえず西に行こうかなあくらいのプランニングだったから、じゃあ、ということで高松駅から今治駅まで輪行することにしました。
調べてみると特急いしづち号というのが運行しているらしい。時間もちょうどいい感じだったので、サクッと輪行してワープすることに。

IMG_3143.jpg 
ホームの形が欧州っぽいのは気のせいだろうか。イタリアでよくあるこの感じ。

関連記事

名古屋オタクと香川うどん巡り自転車バトルでドッタンバッタン大騒ぎ

ちょっと名古屋オタクと香川県高松まで自転車でうどん巡りをしてきました。

香川県には美味しいうどん屋が点在していますが、それらが何曜日に営業しているのか、営業時間はいつなのか、場所やそれらを回る効率的なルートなどについては意外と調べるのが大変なものです。
私は今まで何度も通っているゆえ、行程は全部任せてもらいました。
事前にある程度の目星をつけてルートを頭の中に描きます。
今回は6〜7軒回ることができれば上出来かなあ。


新神戸駅で待ち合わせて、そこから夜の三宮を抜けて、三宮港フェリーターミナルからジャンボフェリーで高松まで向かいます。このジャンボフェリーについては私のブログに何度も登場している定番のアレです。もう15回くらい利用させてもらっている。関西圏からうどん巡りをするなら、運行時間や到着時刻、料金などあらゆる面においてこれ以上ない選択肢なのです。


IMG_4732.jpg 
関連記事
[ 2017/04/07 11:32 ] 香川うどん旅 | TB(0) | CM(0)

見所がぎゅっと濃縮。歴史ある東三河「新城」の魅力とは。

前回の記事(自転車で大阪から静岡まで「さわやか」のハンバーグを食べに行くライド【ハーフキャノンボール】)の最後にちらっと書いていた通り、その日一緒にご飯を食べて、着替えと寝床まで提供してくれたフォロワーさんの地元である新城の魅力を紹介していきましょう。「しんしろ」だそうです。自転車乗り的には「あらしろ」一般的には「しんじょう」と読んでしまうしんしろの魅力とは。

shinshiro.png 
愛知県新城市。愛知県の東部、いわゆる「東三河」の中央に位置します。どうも国道一号線よりを通過してしまう土地故に私自身、縁もゆかりもありませんでした。白風がいなかったら一生訪れることがなかったかもしれません。人のつながりは土地と人を繋げれくれるのです。

関連記事
[ 2017/04/04 21:30 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

自転車で大阪から静岡まで「さわやか」のハンバーグを食べに行くライド【ハーフキャノンボール】

タイトルの通りです。

ちょっと静岡までハンバーグを食べに行ってきました。



ただそれだけの記事ですが、キャノンボール的な要素も多いのでルートを含めてノウハウ的なことも書き記しておこうと思います。


IMG_9839.jpg 


【バッグ】オルトリーブ ORTLIEB サドルバッグLを再評価してみる。

今更ながら改めて評価してみようと思います。

オルトリーブのサドルバッグL。


P5098709_2017031323065539e.jpg

関連記事
[ 2017/03/13 23:17 ] 自転車パーツ、小物 | TB(0) | CM(0)

【西九州自転車ツーリング】川内峠と生月島サンセットウェイ 【平戸〜生月島〜前津吉〜佐世保】

知らない街を訪れたときのワクワク感の正体は一体何なんだろう?


絶景が見られるとか、美味しいものが食べられるとか、そういうのも抜きにして、ワクワク感はそこにある。考えても分からないのなら、それはきっと本能的なものなんだろう、と思う。人は知りたがる、体験したがる、動物の中で唯一火を使う好奇心があったからこそ、ここまで文明が発達した。そういったプリミティブな衝動を自転車旅は思い出させてくれる。


IMG_2419.jpg 

幸いにして暗くなる前に平戸の街に辿り着くことができた。唐津でのロスタイムを走りでカバーすることができたということ。


関連記事