ブログパーツ

【レックマウント】GARMINの爪が折れた時の救世主 ツメ補修キット(Garmin Repair Tab)

折れたんですよ!!!!
爪が!!( ;∀;)
GARMIN EDGE510の爪が!!!!


でも大丈夫。
そう、レックマウントがあれば。
IMG_4794.jpg 


いやあ使い始めた時から不安視はしていました。
GARMINの爪。ツメ。
マウントする部分の爪がね、リプレイスできない構造なんですよGARMIN。
ボディと一体成型です。
これ樹脂製だし、硬いとはいえ、いつか折れたり削れたりするんじゃないの・・・・・??
いや絶対折れるでしょ・・・・いくら防水のためとはいえ・・・一体成型にしないとダメとはいえ・・・絶対折れるでしょ・・・・・林道も走らないといけないし・・・・川も渡るしなんなら転落もするし・・・・台風にも遭うし、灼熱の中も走るし・・・・うん・・・・・


という心配が杞憂に終わらなかったわけですはい。
折れました。というより削れたもげた?感じです。
いつものようにマウントにセットしようと思ってくるっと回したのにスカスカ・・・・よく見たらツメがない・・・・。どこいったし・・・・。


うわあこんなので本体交換したくないよ本体機能はまだ使えるよウン万円もの出費は嫌だ!!!

と思って色々調べている時に見つけたこのアイテム

IMG_4794.jpg 
「ガーミンのツメが破損してしまった時に使用する為の補修キット」

一  人  勝  ち



なんともまあニッチなアイテムですが速攻でポチりました。
使い方はいたって簡単です。5分もかかりません。

IMG_4797_20170725225353eab.jpg 
まずは爪の部分を綺麗にカットします。カッターとかヤスリとかマイナスドライバーとかなんでもいいです。
説明書曰く「its cut beautifully.」らしいです。


そして
IMG_4798_2017072522535385e.jpg 
救世主であるツメ補修キットを被せます。センターが出ていることを確認。


そして
IMG_4800.jpg 
ねじ込みんで固定します。
この2本のネジだけでは固定力が足りないみたいで、説明書には「接着剤と併用しろ」
ということでしたので、倉庫にあった超強力な業務用の接着剤を流し込んで固定しました。
もはやネジが要らないレベルでしたが、まあ一応ネジもねじ込みました。
ちなみに写真でわかる通り、接着剤の量が多すぎてスピーカーの穴を塞いでいます()
説明書にも「接着剤使うときはスピーカー避けろ」って書いてます。やばいやばいと思って除去しましたが、すでに穴の隙間に接着剤が流れ込んでしまっていたようで施術前と比べて明らかに音が小さくなりました。聴力テストと思って耳を澄ますことにします。

もちろんその構造上、純正品よりもやや嵩が増しますが、それが問題になるかというとノープロブレム。むしろ画面が気持ち近くなって見やすくなりました。


ニッチなアイテムだけれど、本当に助かりました。


関連記事
[ 2017/07/25 23:12 ] 自転車パーツ、小物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsumuri5.com/tb.php/536-cab82f40