ブログパーツ つむりの悠々自適ライフ 【伊勢】ちょっと伊勢まで赤福氷食べてきた【自転車ポタリング】






【伊勢】ちょっと伊勢まで赤福氷食べてきた【自転車ポタリング】

えっ、食べたこと無いんですか!?三重県は伊勢市にその本店を構える「赤福」が夏季限定で提供してくれる濃密な赤福の餡とふわっふわの氷とぷるっぷるの白玉餅のマリアージュが素晴らしいこの赤福氷をまだ!?

IMG_0010.jpg 
食べてきました。


今回はTwitterのフォロワーであるしろかぜ、ヒロんちょとの三人旅。
本来は後3人くらい候補に挙がっていたけれど、予定がつかずに残念ながら不参加。
次なる機会に期待!


9時に宇治山田駅集合だったから始発で向かえば間に合うのだけれど
ちょっとゆっくりしたかったので前日入りすることに。
列車に揺られること2時間半で宇治山田駅に到着したのは夜の11時。

IMG_9944.jpg 

もうすでに街は静まり返っていた。
想像以上に静まり返っている。
本当に昼間とは表情が違うんだなあとちょっとびっくりしてしまった。
だって昼間はTHE観光地!って感じで賑わっているのだもの。
なんだか伊勢の素の表情を見たようでお得気分。


五十鈴川駅近くのホテルまで自走して、チェックイン。
お宿のフロントの人に頼んだら部屋まで自転車を入れさせてもらえることに。


IMG_9945.jpg 
旅先で無用なトラブルには巻き込まれたくないからね。
私はなるべく部屋の中あるいは建物の中に入れてもらうことにしている。
場所にもよるけれど、事情を話せば大体のところは了承してくれる気がします。


翌朝、良い目覚めだった。
枕が変わった程度では睡眠に何の影響もしないのは私の数少ない特技の一つだったりします。
(というか壁と天井さえあれば十分だったり)
ここは朝食付きのホテルだったので、食堂に向かうことに。
料金が料金だったから全然期待していなかったけれど、とても素晴らしい朝食で思わずテンションが上がってしまった!
ひじき、佃煮、甘露煮、焼き魚と言った手作りのお惣菜が並んでいた。
嬉しい。
やっぱり朝は和食だね!



時間があったので、少し伊勢の街を散策することに。
時刻はまだ8時。
観光客もまだほとんどいない時間帯だからこそのゆったりとした朝を楽しむ。
地元の高校生が長い坂を自転車で登っていく。
こうしたなんてことない風景にも何かしらの情景を感じてしまうというのは、何だか大げさだろうかもしれないけれど、旅の良さがあるなあと思ったり。

IMG_9987.jpg 
駅前の商店街で見つけたサイケデリックなシャッター。もはや作品。


IMG_9995_201608081727077ec.jpg 


さて、宇治山田駅で無事に全員合流!
ヒロんちょとは3年ぶりくらい。
しろかぜとは3か月ぶりくらい。


まじか。時の流れまじか。
高校生が大学生になり、大学生が社会人になる程度の時間を、私はどうやって生きてきたんだろう・・・
無駄ではない、と思う。が、何ができたんだろう、と考えても仕方ないので、今を精一杯生きることにしよう。赤福氷を食べればいいのだ。



早速おかげ横丁に向かうことに!
この日はゆるぽた宣言をしていたため、本当のゆるぽたペースで移動する。
いいところ25km/h程度。汗をなるべくかかないようなゆっくりペースで。
とてもいい。これでいいんだ。


IMG_0006.jpg 

休日にも関わらずいつもより人が少ないことに気がつく。
まだ10時前だからだろうか。
やっぱり観光地は朝早く、あるいは平日に限ると思います。
人混みの中を移動してもストレスが溜まるばかりだものね。


赤福本店で頼むは当然赤福氷!

IMG_0013.jpg 
おいっしいいいいいいいいいい

IMG_0015_20160808173011961.jpg 
氷はふわっふわ、抹茶味のシロップは味わい深く、舌に優しい。
食べ進むとでてくる餡は、赤福餅と同じ餡が使われていて、当然美味しい。
お餅ももちろん赤福餅のそれ。白玉状になっているからか、食感がプルンプルン。
ごちでした。
(それにしても早食いじゃない赤福氷がこんなに美味しいなんて・・・・!)



せっかくなので伊勢神宮にも参拝していくことに。
せっかくだからね!(もう10回以上来てる)

IMG_0046_20160808173015f24.jpg 
五十鈴川〜〜

さて、その後は「海が見たい」という流れになり、夫婦岩方面まで走ることに。
相も変わらずゆったりペースなのにも関わらず吹き出る汗、汗、汗。
たまらない。なんて暑さだ。これぞ日本の夏だ。ちくしょう。
たまらず途中のコンビニで水浴び休憩。
2リットルのペットボトルを飲み、補給し、余った分は被る。これが気持ち良い!

IMG_0056.jpg 
この日は申し分ない空。青と白のコントラストが素晴らしい。


IMG_0054_20160808173553d82.jpg 
ぽたぽた。


夫婦岩を見る、というよりは海を見ながらまったりする、と言うのがメインだった気がするこのポイント。

IMG_0072_2016080817355981f.jpg 
目的があるようでないのが自由でいい。
旅は自由がいい。
こうじゃないとダメ、というのに縛られる必要なんてない。
その時の感覚だったり感情に素直になればいいだけだ。



素直になった結果がコレダヨ!
IMG_0069_20160808173555565.jpg 
このアングルがひどい2016夏


IMG_0073_20160808173559a6a.jpg 
オタクアングル


IMG_0082.jpg 
ヒロんちょセンチュリオン


IMG_0094.jpg 
ちなみに今回はTADAクロモリ号。海の青が似合うから好き。


お腹が空いたので、海小屋みたいなところで、お昼ごはーん。
私は海鮮丼。
しろかぜはプリンと大あさり焼。
ヒロんちょは伊勢うどん。
統一感のNASA( ´◔ ‸◔`)



まったりゆっくり時を過ごした後は、再び伊勢方面へ。
来たときと同じじゃあ面白くないということで、裏道へ。

IMG_0111_2016080817392595c.jpg 
右手に海を見ていれば、迷うことはないだろう、という予測が上手く当たって、大通りを通ることなく距離を稼ぐことができた。
この路地裏ゆるぽた区間が一番楽しかったかも。
はやく走るだけが自転車じゃない。それは価値観の一つに過ぎない。


宇治山田界隈に戻って、世古口散策をしながら、伊勢崎のあたりをぐるぐる。
観光地としてはおかげ横丁だったり伊勢神宮が注目されがちだけれど
個人的にはこの伊勢崎辺りこそ、伊勢観光のハイライト、だと思っている。
「その街そのもの」が見られる地区にこそ、魅力が詰まっているんだなあと。
観光地からちょっと外れた街並みを観察するのも面白いですね。


最後は洒落乙なカフェで締め。
IMG_0172_20160808173927892.jpg 


宇治山田駅ではしっかりとお土産をゲットして、それぞれの帰路へ。
お土産に〜〜〜って買った蜂蜜ぱんじゅうを帰りの電車内で完食してしまったのはここだけの話。(゚´^ω^`゚)。゚

ノリと勢いで集まるクラスタ。
次に会うのはいつだろうか。
意外とすぐかもしれないし、ずっと何年先かもしれない。

約束しないけれど、会えたらいいか、くらいの関係がちょうどいいのかもしれない。

伊勢旅。
訪れるたびに、毎度毎度同じなようで、ちょっと違う発見がある。
また行きたいなあと、性懲りも無く思い至るのでした。

終わり。



   
関連記事
[ 2016/08/08 17:45 ] 伊勢旅(随時追加) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsumuri5.com/tb.php/453-65943db6