ブログパーツ つむりの悠々自適ライフ 【欧州旅】5日目 その中世の街並みは・・・ 【スイス ベルン】






【欧州旅】5日目 その中世の街並みは・・・ 【スイス ベルン】

知らない天井は今まで何度も見てきたけれど、それが海外ともなるとやっぱり感じ方が全然違う。

 まず現在地はどこだったか・・・・・と思い出さないといけない。 

 時計を見る、7:00 AM。 
 私はそれを思い出す。 
「・・・・ここは・・・・スイス・・・・・!」
IMG_7960.jpg 



さて、ベルンです。
 私が最も気になっていた町の一つなのです。
昨夜は夜に到着したからそのディティールまでは見えなかったけれど、でも少し歩いただけで、明るい時間に歩くのが楽しみで仕方がなかった。 
 というわけで、ささっと準備を済ませて、チェックアウトをすることに。

 ちなみに今日のホテルは朝食はなし。(オプションでつけられるけれど、20フランもする)
 適当なところで食べればいい。 

チェックアウトを済ませてから、荷物を預かってもらうことに。 
こういう時にパッとドイツ語が出るといいのだけれど、そんなスキルはないので英語で伝える。 
(バゲージとラゲージを間違えそうになった。危ない。) 
もちろんホテルなので英語も伝わる。 


これで身軽に散策ができるよ! ホテルから一歩出た瞬間、惚れた。

IMG_4664.jpg 

ベルンはスイスの首都。
街の周りを川が囲み、中世の雰囲気がそのまま残った旧市街は、歩いているだけで楽しいよ!

というガイドブックの文言通りの街でした。いや、それ以上かな。

何か物語、そう、映画だったか、アニメだったか、そんな世界に迷い込んだ感じ。
魔女の宅急便だとかガンスリンガーガールだとかそんな感じの世界。


IMG_4667.jpg 
IMG_4670_20160502231539c61.jpg 
トラムが忙しく市街地を往く。
旧市街に吸い込まれていく様はどことなくかわいらしい。
車と自転車と、だけじゃなくていろんな交通手段が、同じように大事にされている、というのがスイスを歩いて感じた印象。
交通弱者という言葉の意味を考えさせられます。


IMG_4676.jpg 
横断歩道?


IMG_0574_20160502231533516.jpg 
焼きたてのパンが食べられそうなパン屋で、いくつか見繕ってテイクアウトします。
せっかくだから食べ歩きをすることに。
平日だからか、朝ごはん代わりに買っていく人が多かった。おにぎり感覚なのかしらね。
当然、エスプレッソも欠かせない。


IMG_4678_2.jpg
石畳の街。
見た目はいいけれど、ちょっと歩きにくい。
あと自転車にとってはなかなかの鬼畜。
欧州の自転車事情については一つの記事にまとめる予定です。(需要あるのか?


IMG_4690_20160502231734ba0.jpg 
交通ルールはかなりしっかりしていて、それが浸透している。



IMG_4709_20160502231736294.jpg 
ハローハロー


IMG_4704_2.jpg
キリスト的な何か。


旧市街を散策しながら、街を囲むアーレ川を越えてみたい!ということで、外方向へ。
なんとなーくあっちかな?という通りを歩いていく。
今日もノープラン。
自分の嗅覚を頼りに。
ガイドブックとにらめっこするのは好きじゃないのです。


IMG_4714.jpg 
小高いところから見えるこちらは川沿いの住宅街?
なんかこれだけでもう絵葉書になりそうなのが羨ましい。
実際の生活はどんなものなんだろうか。



IMG_4715.jpg 
煙突がちゃんと意味をなしているのがすごい。当たり前のことなんだろうけれど。


IMG_4719_20160502232512ea1.jpg 
凝ってる。



IMG_4717.jpg 
こう見ていると思うけれどやっぱり街として高さが揃っていると綺麗だなあと思う。
もちろんそれは歴史的背景があったり、それに基づいた法律があるからだ。
何かしらの理由がある。
街の景観のためという理由じゃなかったのかもしれないけれど結果としてこうなるのなら
それはそれで正解だったんだろうなあ・・・・。
その点日本は・・・・


IMG_4720_201605022325132e2.jpg 
'`,、('∀`) '`,、



IMG_4727.jpg 
川に出た。思ったよりも大きというか、街全体が結構高い場所にあることがわかる。
川辺だけが一気に低くなっている。
地図だけじゃわからないところで地味だけれど結構驚いた。


IMG_4725.jpg 
ご立派。


IMG_4730.jpg 
ゴミ箱が街に溶け込んでいる。
いや、ゴミ箱というか、もう完全に建造物のように設置されている。
考えてみれば街を作る時からこうしていれば動かされる心配もない・・・・。


IMG_4728.jpg 
異国感。



IMG_4735_20160502232940868.jpg 
当然のように路面電車と車道。どちらも大切。


IMG_4739.jpg 
橋の上からパシャり。
うーん、やっぱり高低差がすごい。
街の大半は左の高い建物と同じ地盤に建っているから、やっぱり川辺だけが低い。
この立体感がまた唯一無二の景色を作り出している。
家の家の隙間には細い路地が張り巡らされていて、ものすごい斜度だったりする。
そういうところを駆け抜けてみたい衝動に駆られる。⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン


IMG_4745.jpg 
反対側には連邦議事堂。おそろしいくらいの重厚さ。


IMG_4746.jpg 
あらカラフル。



IMG_4752.jpg 
ストリートチェスだ!



IMG_4757.jpg 
リストランテはまだ準備中な時間。
夜にはきっと大盛況なんだろうなあ・・・・。


IMG_4761.jpg 
スイスの、というよりベルンの象徴と言ったら街の至る所にある時計塔。


4375355f292b8d1e_l.jpg 
腕時計の出番はまずないと思われる。
と、思いきや街ゆく人を観察しているとみんなちゃんと腕時計(スイス産)をしているから、よっぽど時計好きなんだなあと。

ツィットグロッゲは、世界文化遺産に登録されているベルン旧市街の目抜き通り、クラム通りとマルクト通りの境の地点に位置する。「ツィットグロッゲ」は、「時の鐘」をベルン地方のスイスドイツ語で読んだもので、ドイツ語では「ツァイトグロッケ(Zeitglocke」、英語では「タイムベル(Time bell)」となる。

ツィットグロッゲは1218年から1220年にかけて、町を囲む外壁の西門として建てられた。1405年の大火により塔が破壊されたが、その後大鐘が取りつけられ、1530年にぜんまい式時計が取りつけられるまでは手で鳴らされていた。

1610年に踊る熊が仕掛けに追加され、ベルンの町のシンボルとなった。時を知らせる鐘、塔の時計、仕掛け、天文時計はすべて一つの装置によって作動しており、時刻の他に曜日、日にち、月、星座、月に位相も表示している。基本的に石の重さによって5つのメイン歯車が28時間動き続ける仕組みで、約450キロの石は毎日ひきあげられている。 wikipedhiaより



IMG_4763.jpg 
そして時計と同じくらい有名なのがチョコレート。
リンツチョコレートをお土産用に大量購入。(1万円を軽く超えた・・・


IMG_4768.jpg 
スケスケ///


IMG_4779.jpg 
こちらのピザレシピ本・・・・



IMG_4780.jpg 
ナイスアイディア。



IMG_4798_20160502234207628.jpg 
何かに貢献したっぽい人たちの名前が石畳一つ一つに刻まれていて不思議。



IMG_4808.jpg 
ちょっと歩きにくいけれど、絵になるなあ。


IMG_4831.jpg 
!?




IMG_4823.jpg 
CANYON.



IMG_4833.jpg 
なんというか海外クオリティ。(ガンガン飛ばす


IMG_4787_20160502235209b12.jpg 
なんだろうこの可愛らしい建物と思ってら警察署だそうです。



IMG_4815.jpg 
いちいち絵になるんだなあ・・・・。



IMG_4788.jpg 
奥行き感のある街並み、好きです。



IMG_4838_2016050223521105b.jpg 
駅前通りからして美しい。



IMG_4843_2016050223520632e.jpg 
ケッコーーーーーナ距離を歩いてもう足が疲れたよ・・・・!
となったタイミングでベルン中央駅へ。
あ、もちろんホテルで荷物を回収してから。

ここからさらに北上していくことに。
次はどの街へ行こう??
とガイドブックで調べて気になったのはドイツはフライブルグ。
そちらでも旧市街だ楽しめるようで・・・・

国が違えば景色が変わる。
文化が変わる。
そんな違いを求めて、
ドイツ行きの列車に乗り込んだ。

続く。
関連記事
[ 2016/05/03 00:04 ] 2016年2月 欧州旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsumuri5.com/tb.php/427-ec22f0b9