ブログパーツ つむりの悠々自適ライフ ちょっと夜の伏見稲荷大社に写真撮りに行ってきた






ちょっと夜の伏見稲荷大社に写真撮りに行ってきた

またまたまたまた伏見稲荷大社に行ってきた。
リアルに最近週に一回くらい通っているわたし・・・
これも全部「いなり、こんこん、恋いろは。」のせいだ!(嬉

でも、
作品がきっかけでよく行くようになったのだけれど
伏見稲荷大社そのものの魅力に引き寄せられているのも事実。

行く度に、これ、夜の雰囲気すごそうじゃね?と思っていた。
思ったなら、さあ行動だ。
三脚とカメラを背負って、登山靴を履いていざ伏見稲荷へ———!

IMG_7169.jpg


お昼過ぎに家を出て、15時前に伏見稲荷に到着。

IMG_6938.jpg

IMG_6939.jpg
いつも通りの聖地ポイントを回りつつ、ロケハンも兼ねて上の方まで登ることにした。

IMG_6940.jpg

IMG_6946.jpg

IMG_6944.jpg
もうそろそろ稲荷祭りの季節。春が、近い。

IMG_6954.jpg
あえて鳥居をくぐらずに、外から眺めてみる。
やっぱり圧巻だよなあ・・・千本鳥居といいながら、実際は1,000本以上あるなあ・・・

IMG_6957.jpg

IMG_6959.jpg

IMG_6967.jpg

IMG_6975.jpg
こんこん。


IMG_6992.jpg
伏見稲荷大社に住み着いている猫。
行く度にいるし、よくついてくるし、もう顔見知りと言ってもいいかもしれない。

IMG_7001.jpg
見返りどや。

IMG_7015.jpg

IMG_7029.jpg

IMG_7026.jpg
平日ということもあって、上まで登ると観光客もだいぶ少ない。
千本鳥居までかな、人でごった返しているのは。
個人的には、土日の人であふれ返っているときより、こういった人の気配のない
静寂をここで味わってみてほしい。

自然が奏でる音以外何も聞こえない状態で無数の鳥居に囲まれる雰囲気、
本当に特別だから。
あくまで鳥居も人工物だし、ただのイチ建造物に過ぎないはずなのに、
何か力が宿っているように思えてくるのだから不思議だ。


IMG_7043_20140316230826e98.jpg
いわゆる展望台的なところである。

IMG_7044.jpg
伏見の街を見下ろすことができる!

IMG_7061.jpg

IMG_7062.jpg
遥か遠くには大鳥居が。結構登ったなーと実感。

日没までまだ、時間がある。
あたりを少し散策してみる。

IMG_7068.jpg
うん、なんかもうダンジョンみたいだよね。
狐が化けて出てきてもおかしくない。

IMG_7069.jpg
このあたりは本当に人が少ない。
だからこそ、面白い。

IMG_7071.jpg

さて、そろそろお腹が空いてきた。
このまま日没を待って、夜の撮影に移行しても良かったのだけれど
腹が減っては何とやら。
いったん町に戻って、腹ごしらえをすることに。

IMG_7074.jpg
夕刻の千本鳥居を下って行く。

町に戻るころには、結構暗くなっていて驚く。
しかも寒い((´゜ω。`))ブルブルッ
まだまだ春は遠いのかしら・・

ご飯を食べるのはもちろんこちら!

IMG_7079.jpg
お食事どころ、いなり!
奇しくもアニメどおり、夜verを撮影することに成功
食事いなり

IMG_7078.jpg
撮影スタッフ班が食べたという(お店の人談)天婦羅そばをいただくなど。
寒い身体に染み渡る。

お腹を満たしてお店を出るとあたりはすっかり真っ暗に。
いよいよ夜間撮影開始である。
三脚をセッティングし、撮影してまわる。

ちなみに使用機材は
カメラ:CANON EOS60D
レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3
三脚:SILKの安っすいやつ(2〜3千円)

主な設定は
感度:ISO125
絞り:F6~8
露光時間:10~15秒露光
手振れ補正:なし


IMG_7084.jpg
まずは桜門。
なんともまあ立派なことか・・・!
昼は昼でその巨大さに圧倒されるのだけれど、夜は夜でまた違った表情を見せてくれる。
荘厳さと妖艶さが絶妙なバランス・・・素晴らしい。

IMG_7099.jpg
そしてこの日は月がとても綺麗だった。
いい夜だ。

さらに奥に進む。

IMG_7112.jpg

いよいよ千本鳥居である。
昼間来た人なら分かると思うけど、その数と朱色の鮮やかさに感動すると思う。
けれど。
夜は、もっとすごかった。

IMG_7113.jpg

IMG_7123_20140316231654800.jpg

思わず息をのむ。くちびるを舌でなぞる。
こいつはいい写真が撮れそうだぜふひひ・・・

※写真ではこの通りの明るさですが、実際はかなり暗いです。
iPhoneのカメラやコンデジでは何が写ってるのか分からない状態かと。
私はデジタル一眼レフカメラを使用しましたが、
設定は多くは ISO125 F6~8 10~15秒間露光で撮影しました。

夜の写真の面白いところは
肉眼を超えることができるところ。
実際はほぼ灯りがない状況でも、
上記のような撮り方で、全く違った世界を見ることができる。

IMG_7123_2014031623222787f.jpg
奥の方から狐が出てきても違和感ない。
しかもあたりは人が全然いない。
正直、ちょっとこわい。

IMG_7137.jpg
<●><●>

IMG_7129.jpg
これなんか完全に肉眼超えてる。

IMG_7143.jpg
思わぬ発見、影が面白い。
チェック柄。

IMG_7144.jpg
入り組んだところは、やはり同様に足下が暗い。
こけないように気をつけながら、一度転んだ
( ´◔ ‸◔`)


IMG_7148.jpg

IMG_7155.jpg

夜が更ける程に、あたりは「しん」としていく。
風の音と、大気が満ち満ちているような、言葉にしにくい音しかしない。
時折山の奥でガサガサと音がするのは、いのししでもいるのだろうか。
それだけじゃない、どうも奇妙な気配を感じてしまう。
こういう暗闇で一度でも「気配」を意識してしまうと、もうずっとそれが付いて回るから、
なるべく考えないように撮影に集中した。

気付いたら、22時になっていた( ˘ω˘ )
やれやれ。

IMG_7165.jpg
夜の伏見稲荷大社、想像以上に素晴らしかった。
また桜が咲いたら、撮りにこようと思う。

※足下には気をつけよう。

IMG_7180.jpg
関連記事

夜撮影 行ってみたいです

はじめましてー 私も 最近 伏見稲荷の魅力に取り付かれまして
早朝 昼間と行っては居るのですが 夜間撮影もしてみたい でも
やっぱり 怖さが出ますよねーw ^^:

色々参考になりました 今度 挑戦してみます

食事どころ いなりでも食べてみたいですしw
[ 2014/07/03 19:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsumuri5.com/tb.php/260-6a48602f