ブログパーツ つむりの悠々自適ライフ 2012年01月






「まんぷく食堂のからあげ丼は美味しい」

「まんぷく食堂のからあげ丼は美味しい」

と、このように冒頭に言いたいことを全て言ってしまう時は大抵、まともな文章を書く自信が無い時なので、そろそろブラウザを閉じて頂いても問題ない。

さて、今回はタイトル通り“まんぷく食堂”の“からあげ丼”について書こうと思う(もう、知ってる、などと言わないように)
関連記事
[ 2012/01/31 21:14 ] 伊勢旅(随時追加) | TB(0) | CM(2)

名古屋ツーリング

2012.1.25
大阪から名古屋まで7時間半かけて自転車で行って味噌カツ食べてフォロワーさん3人に会って喫茶店でお茶して新幹線で帰った。

総走行距離 189km
平均時速 28.7km/h
実走時間 6時間37分
総所要時間 7時間49分
関連記事
[ 2012/01/26 23:42 ] 自転車 | TB(0) | CM(1)

ORiBIKE専用輪行バッグ導入してみた

ORiBIKEでじゃんじゃん輪行している私だけれど、輪行袋はいつもロードバイク用のものを使っていた。
タイオガのコクーンというもので、自転車初めて以来ずっと頼りっぱなし。
前輪だけを外すタイプで、2分もあれば収納して電車に乗せられるという優れもの。
なにより今まで何十回(少なくとも50回以上)使用しても一切破れなどがない頑丈さもお気に入りの理由の一つ。

ただし前輪だけを外すものだから結構大きい、かさばるってのが欠点かな。
それをORiBIKEに流用しているのだから当然、ぶかぶかになっちゃう。
大は小を兼ねるのだけれど、流石に邪魔に感じてきたし、これからもORi輪行は頻繁にする予定だから専用の袋を買いに行くことにした。

いざ、LOROサイクルへ
関連記事
[ 2012/01/26 23:28 ] ORiBIKE | TB(0) | CM(2)

【京都オフ】カステ工房訪問と自転車撮影会【行ってきた】

1月18日、誘われるがままに自転車関係のオフ会に参加してきた。
懲りずに。
自分主催以外のオフ会って久しぶり!
場所は京都。
自転車のオフ会だけれど主目的はみんなでご飯食べることとイイ感じの写真撮ること。

s-IMG_3343.jpg


走行に関する何かを期待してこの記事を開いてしまった方はそっとブラウザを閉じましょう。

変態自転車を期待してこの記事を開いてしまった方はもう変態沼に片足が入っています。先へ進みましょう。

参加者は全員Twitter繋がりで、会うのは何度目かの人達ばかり。
面白い自転車ばかりで、こういう機会があるからTwitterってば良いなぁ、と思う
関連記事
[ 2012/01/21 18:24 ] オフ会 | TB(0) | CM(0)

【自転車のある風景】 ~2012年1月17日

それなりに写真が溜まってきたので一挙放出してみようと思う。

ずっと前も掲載したのだけれど、諸事情で消えてしまったので再うp的なところもあるかな

自転車旅やら何やらで撮影したもので、北は北海道から南は鹿児島まで。

先に断っておくと特に凝った写真でもなんでもない。
その場にいた私が心を打たれた、その風景を愛車と共に写真に収めただけのものである。
だからそこにいけばこれら写真の風景が今も広がっているだろう。

自転車旅。
そこに行き着くまでが実は一番楽しくって、けれどその過程の全ては写真に収めることができない。
だからせめてその楽しさの先で得た風景の一部でも伝えられればいいな、と思った次第。

過去の記事と重複する写真もあるけれど、あしからず!
[ 2012/01/17 23:19 ] 自転車のある風景 | TB(0) | CM(2)

【ボトルゲージ】【ブレーキ】取り付け、交換してみた【ORiBIKE】

ちょくちょく手を加えているORiBIKE。
今回はタイトルの2アイテムを導入してみた。

まずはボトルゲージ。
通常のスポーツ車なら大抵ボトル台座が付いてるけれどこの子には残念ながらついていない。
というわけでミノウラ等から出ているボトルゲージ台座を増設するアレを買って付けてみた。

こんな感じ。
関連記事
[ 2012/01/14 23:06 ] ORiBIKE | TB(0) | CM(0)

【サイクルコンピューター】TREK タイムコンピューター × ORiBIKE

オリバイクにはずっとサイクルコンピューターをつけていなかった。
というのもロードバイクほど速度や距離に対してシビアな印象を抱かせないバイクだったから。
けれど最近、結構距離も乗るようになりどうせならどれだけ移動したのかが知りたい
それに時刻が分からないと通勤時にちょっと困ることがある・・・

というわけでサイコンをつけることにした。
しかし、ここで問題が一つ。
どうもしっくりくるものがない。
条件は
①見た目がキュートで
②脱着が簡単で
③ワイヤレスで
④機能的になるたけシンプルなもの


何かいいものはないかとLOROサイクルの店員さんに話したところ
「トレックからいいのが出てますよ」
と聞き早速帰って検索。
で届いたのがこちら。

IMG_25222.jpg
関連記事
[ 2012/01/09 22:12 ] ORiBIKE | TB(0) | CM(4)

ちょっと自転車で鹿児島まわってきた 実走編 2/2

むくり。

s-IMG_2836.jpg


2日目の朝。温泉のおかげか昨日の疲れはほとんどなし!
そして朝から温泉が入られるようなので浴衣のまま直行。
そこまでの渡り廊下が寒い寒い。さすがに鹿児島と言えど朝方は冷えるのねー
朝温泉めっちゃ気持ち良かった

そのままお宿の食堂へ。
朝ごはん付き!
485192493.jpg
すごく・・・和食です・・・

うーん、素敵。自転車旅の朝は和食がいいね。
ちょっと量が少ないなーと思ってたらおかわりありだったのでご飯大盛り2杯いただきましたご馳走様。

さてさて、この日は山岳ステージ。
時刻は7:30。出発。
関連記事

ちょっと自転車で鹿児島まわってきた 実走編 1/2

往路はフェリーで行くことにした。
というか選択肢がなかった。
帰省ラッシュで新幹線はいっぱいだし、そもそも当日朝まで鹿児島行くかどうか決めてなかったったいうね!
毎度計画性があるようでないよね!

という訳で寝ぼけた声でフェリー予約センターに電話

「あのー本日分予約お願いします」
「あっ、すみません、当日予約は乗り場の電話番号でおねがいします」
「えっ、そうなんですか、すみません(あれっ?えっ?)」

なぜ予約センターで予約ができない・・・?
一応港乗り場の電話番号もあるにはあるが・・・半信半疑で電話してみる

「あのー予約したいんですけど」
「申し訳御座いません、予約は予約センターでお願いします」
「えっ」
「えっ」

たらいまわしの末、結局予約センターで無事に予約できました。
最初に出た人、しっかりしてよ!一瞬、旅オワタと思っちゃったじゃないの!

料金は自転車込みで1万6千円。たけえwwww繁忙期料金ぱねぇwww

同時に帰りの新幹線もインターネット、JR西日本e5489にて予約。
今のりにのってる九州新幹線である。
鹿児島から大阪まで乗換えなし(!)さくら566号を使えば鹿児島中央~新大阪でわずか4時間14分。

あれ・・・フェリーだと15時間かかって1万6千円。
新幹線だと4時間ちょっとで2万1500円。

繁忙期だと新幹線の方がコストパフォーマンス良いのねww

まぁ船旅は好きだから良いのだけれど。
関連記事

ちょっと自転車で鹿児島まわってきた 準備編

行って参りました、日程は2011年12月29日~31日

お休みの関係で行きはフェリー、帰りは新幹線。

なぜ鹿児島なのか?(急だなおい)

九州はこれまでに2回行ったことがあったけれど、いずれも回ったのは北半分だけ。
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分をぐるっと。
だから南半分のことを全然知らなかったし、実はあまり興味がなかったからスルーしていた節もある。

とある日のこと。
いつものようにグーグルマップをだらしない顔で眺めていた。
私は地図を見るのが大好きだ。
ネット環境を手に入れるまでは日本地図を眺めるのが好きだった。
どんな景色や文化があるのだろうと想像しているだけで楽しい。
そしてこのグーグルマップさんが世に出てからというものこのツールには感謝している。
なにせ写真表示にすれば、上空からの画像を鮮明に見ることが出来るのだから。

そして見つけてしまった、桜島。
桜島
なんだ・・ここ・・!
見れば見るほど変わった地形だ。
湾の中央にどん!と居直る桜島。
それがただの島ではなく火山島で、今でも噴煙を上げ続けているという。
それにしたって街が近くないか!?
たった数キロの位置に鹿児島市がある。火山灰って半径50km程度だったら普通に影響あるんじゃないのか・・・?
いったいここの人達はどんな暮らしをしてるんだ・・・?

それが知りたくって出発した次第である。

だから今回の主役は桜島

~どきっ火山灰まみれの自転車旅録、目潰しもあるよ!~ 

はい、毎回恒例旅の装備でも紹介しますかね。
関連記事