ブログパーツ

【自転車で】クワモンペにピザを食べに行くライド

indigoさん(@indigo_77)のお誘いで兵庫県篠山市のクワモンペというピザ屋さんへ行ってきた様子です。

IMG_5239_2017041620463652e.jpg 
いやあ本当美味しかった。
[ 2017/04/16 21:25 ] 1dayライド | TB(0) | CM(0)

【MTB】滋賀県マキノでスノーライド

どうやら滋賀県の方で雪がいい感じに積もっているらしい。



遊んできました。




IMG_1309.jpg


[ 2017/02/03 12:00 ] 1dayライド | TB(0) | CM(0)

【和歌山】ちょっと龍神スカイライン走ってきた【紅葉狩り】

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋などなど、いろいろ好き勝手に揶揄される秋だけれど
なんといっても紅葉でしょう!

ということで、紅葉を楽しむことが出来そうで、かつスポーツの秋らしく、自転車でロングライドしても面白そうな場所を探してみた。

PB220190.jpg

選ばれたのは龍神スカイラインでした。
[ 2014/11/24 23:02 ] 1dayライド | TB(0) | CM(2)

大阪から自走で大台ケ原へ

兼ねてよりフォロワーにお誘いいただいていた大台ケ原に行ってきた。

なんだかんだ毎年行ってる気がする。
なんでかった?もちろん、とてもエキサイティングだからだ!

今回はチャレンジ要素も含めて、自宅の大阪から自走で向かうことに。
大台ケ原まではおおよそ100kmくらいだろうか。
玄関を出たところで、もしかして帰りはまずいのでは、と思い直し輪行袋も持って行くことに。
この時、もし輪行袋を持っていなかったらどうなっていただろう・・・・。
[ 2014/10/20 21:52 ] 1dayライド | TB(0) | CM(0)

六六甲山ヒルクライム

動機は聞かないでほしい。
ただ単にチャレンジしてみたかっただけなんだ。

ある金曜日の夜。
琵琶湖いこうかなー大台ケ原もいいなー、伊勢もいいなーと
翌日ライドの行き先を考えるとっても楽しい時間。

やっぱり山かな、いっぱい登りたいなあ・・・・
でも、大台ケ原遠いし、輪行面倒だし。


そうだ、六甲山たくさん登ればいっぱい登れるんじゃね?



“六”甲山だし六回登ればいいんじゃね?

[ 2014/08/30 21:26 ] 1dayライド | TB(0) | CM(1)

【舞鶴若狭道】ちょっと高速道路走ってきた【若狭さとうみハイウェイサイクリング】

ツイッターのフォロワーで、もはやおなじみの犬速さんに
「今度福井県で高速道路走るイベントあるんだけど、どう?」
と誘われたのでホイホイご一緒することに。

どうやら高速道路の開通イベントということで
特別に一定区間を自転車で走れるらしいサイクリングイベント。
高速道路走れるなんて滅多にないぞ。これは楽しみ!

さとうみハイウエイ

しかしただでは参加させてくれない。
雨雲が迫っていた。
[ 2014/07/13 20:07 ] 1dayライド | TB(0) | CM(2)

ちょっと大阪から自走で淡路島一周してみた

P5021312.jpg
淡路島一周、通称アワイチ。
関西のサイクリストにはおなじみと言っていいかもしれない。

一周150kmの島内は、平地がメインでありながらも南には山岳もあり
バラエティ豊かなコースが来る者を魅了するーーー
と、安っぽいコピーはこんなところにして、今回はその淡路島を走ってきた。

淡路島へのアクセスは大阪からだと明石駅まで輪行して、
そこからフェリー(ジェノバライン)がよくあるパターン。
新快速を使えば大阪から1時間程度で明石には着くし、意外と近い。

けれど、今回はあえての自走!

(だってちょっとロングライドしたかったんだもん)

その様子をつらつらと。
[ 2014/05/03 22:31 ] 1dayライド | TB(0) | CM(6)

2013年7月 ちょっとダルガ峰登ってきた in 兵庫~岡山

暑い。
今年の梅雨はやたらと暑い。
梅雨だというのに、ほとんど雨が降らず、
(雨降りの日数が少ないだけで、一回あたりの降雨量は多く、実際の降雨量は平年並みだとか)
6月だというのにすっかり夏めいて。
そんなある日に向かうは兵庫県の山、ダルガ峰とかいうところ。
ヒルクライム大会か何かでその名前を聞いたことはあるけれど実際どんなところなのかは全然知らない。

P6299753.jpg


行ってみよう。
[ 2013/07/04 13:51 ] 1dayライド | TB(0) | CM(0)

ちょっと自転車で西へ。

BJU7Ed3CAAAJBT3[2]
物事の性質というものは大きく分けて二種類に分類することができる。
“普通”であるか“特殊”であるかだ。
前者はある母集団の中における平均値だったり、大多数だったり。
後者はざっくばらんに言うとそれ以外。
今回の登場人物はすべて後者だ。
よく“個性”という言葉を聞くけれど、分解すると「個の性」である。
そして個というものは「人を固めているもの」カッコよろしく言うなればアイデンティティである。
人が集まると、能力、身体的特徴、宗教、思想、仕草、言葉遣い、ファッション、すべてに違いが生じ、この違いが、個性を構築する。
違いが個性を生むのであれば、世界に一人しかいなくなれば、その人の個性は無くなるといえるかもしれない。
「個性的な人になりたい!」のであれば、人と交流し、人との違いを自分の中に見つけ、そこを育む、あるいは別のベクトルに曲げてやるしかないだろう。(その行為に価値があるとは思わないけれど)
少し話が脱線したけれど、元々レールなんてないし、ディレイラーよろしく左右に揺られながら進む今回の旅路を記していこうと思う。
(ただの「散文」もこのように回りくどい表現をすることでなんとなく許されるような気がするけれど、たぶん誰も気にしていない)
[ 2013/05/07 22:58 ] 1dayライド | TB(0) | CM(6)

和歌山〜奈良山岳ステージ

特に行きたいところもなかったけれど、なんとなく山が登りたくて、気付いたら和歌山行きの電車に乗っていた。
輪行は魔法の絨毯だ。
音楽を聴きながら電車に揺られて出かけるだけでなんだか楽しい。

hs20.jpg

何か面白い写真でも撮れればいいかなーと思いつつ、ろくに地図も見ずに、気になる道を突き進んだそんな一日。
[ 2013/03/24 22:18 ] 1dayライド | TB(0) | CM(1)