【天草島原ツーリング】海とそうめんとヒルクライム【苓北〜島原】

知らない天井だ。 蝉の声で目が覚めた。窓のすき間から光が漏れている。どことなく海の香りがする・・・・しばらく経ってからああ、いまは旅をしていていまは苓北の町にある海沿いの民宿にいることを思い出す。そう、旅をしていると思うと血圧が上がってきた。今日は何が起こるんだろう。2日目、スタート!!...

【天草島原ツーリング】灼熱の島を繋ぐ旅【熊本〜三角〜天草】

「まさかこれほどまでに暑いとは・・・」思わず国道沿いにポツンと設置されていた自販機横の木陰に避難した。天気予報を見ると高温注意報とかいうのが発令されている。やれやれ。夏の天草〜島原ツーリング。灼熱と戦いながらも、ここにしかない景色の数々に、大満足な旅となった。 ...

【保存版】自転車旅×灯台のススメ ツーリングで出会った灯台特集【岬】

子供の頃から灯台が好きだった。あの頃はよく船で色んなところに連れて行ってもらっていた。 ...

【キャノンボール】ちょっと下関から大阪まで自転車で走ってきた 国道2号線 実装録【530km】

関門トンネルを13時にスタート!ここからひたすら東に進めば大阪に帰ることができる。シンプルだ。何も難しいことじゃない。(と言い聞かせる) ただその距離が530kmというだけだ。...

【キャノンボール】ちょっと下関から大阪まで自転車で走ってきた 国道2号線【530km】

というわけでちょっと走ってきたのでその記録を。 結果としては・・・・・...

【西九州自転車ツーリング】川内峠と生月島サンセットウェイ 【平戸〜生月島〜前津吉〜佐世保】

知らない街を訪れたときのワクワク感の正体は一体何なんだろう?絶景が見られるとか、美味しいものが食べられるとか、そういうのも抜きにして、ワクワク感はそこにある。考えても分からないのなら、それはきっと本能的なものなんだろう、と思う。人は知りたがる、体験したがる、動物の中で唯一火を使う好奇心があったからこそ、ここまで文明が発達した。そういったプリミティブな衝動を自転車旅は思い出させてくれる。 幸いに...

【西九州自転車ツーリング】海岸線を進む旅 【博多〜唐津〜平戸】

博多駅に降り立つのは初めてかもしれない。いつも通り過ぎるだけの駅。走り抜けるだけの場所。まだ通勤ラッシュの真っ只中、行き交うサラリーマン達の視線を受けながら、はやる気持ちを抑えながら自転車を組み立てた。輪行を解除して自転車を組み立てている時のワクワク感というか期待感というか、「これから自分は旅をするんだ!」という実感が胸の奥からふつふつと湧き上がってくる感覚。まさにプライスレス。この感覚を味わえる...

【西九州ツーリング】装備、服装について 大容量サドルバッグは不要【バイクパッキング】

天気が良かったので西九州の方へツーリングに行ってきました。 ...